2022年 6月 29日 (水)

IOCとの「不平等」契約 「モーニングショー」が検証

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

再延期の可能性

   再延期の可能性はどうか。武藤事務総長は再延期が難しい理由として、大会後は住宅になることが決まっている選手村について「民間の契約にこちらの都合を押し付けるので非常に困難」、「アスリートのモチベーション維持が難しい」などを挙げている。小林氏は「組織委員会に出向している都の職員の人事の問題もあるようですが、それはやる気になれば(解決)できること。延期によって国民がオリンピックを支持してくれるのであれば、当然検討すべきだと思います」と話した。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「契約は、お互いに合意があれば変更できます。交渉して(中止条件の条項に)パンデミックの一文を加えればいい。IOCがそれを嫌がって損害賠償を請求するのであれば、世界中から非難されるはずです」

(キャンディ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中