2021年 6月 24日 (木)

江波(寺島進)が挑む 17年前の事件と「出生の秘密」
「駐在刑事SP2021」(テレビ東京系5月24日月曜放送)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   警視庁捜査一課のエリート刑事だった江波敦史(寺島進)は、取り調べ中の女性が服毒自殺した責任を取らされ、奥多摩署の水根駐在所に左遷されてきた。いつも笑顔で自転車に乗って水根の人々を見守る江波は、今や「駐在さん」としてすっかり地域に馴染んでいる。

   ある日、奥多摩のキャンプ場に複数の白骨がバラバラと落ちてくるという怪事件が発生。捜査を進めると、付近の山の崖下から17年前に行方不明になった会社社長の白骨遺体が見つかった。

  • テレビ東京の「テレ東リリ速」サイトより
    テレビ東京の「テレ東リリ速」サイトより
  • テレビ東京の「テレ東リリ速」サイトより

「私は両親の本当の子ではないのでは?」と相談が

   一方、同じころ、「水根ストア」を経営する沢井啓太郎(お宮の松)の長女で高校1年生・沢井真紀(小林星蘭)が、江波に「私は両親の本当の子ではないのでは?」と相談してきた。

   父をよく手伝い、妹・ふたば(玉野るな)と弟・宗助(湯川颯)の母親代わりも務める真紀からの意外すぎる相談だった。驚いた江波が啓太郎を問い詰めると、敬太郎は17年前、若宮沙雪(檀れい)という女性から産まれて間もない真紀を託されたと告白した。

   江波が真紀を伴って、今は有名な広告写真家となっている若宮に会いに行ったところ......。

   17年前に若宮から敬太郎に託された真紀の出生の秘密と、17年前の会社社長行方不明事件の関連性は? そして、一体だれが、何のために骨を空から降らせたのか?

   規則や組織を重視する警視庁捜査一課管理官・加倉井国広(北村有起哉)と捜査方針を巡って対立しながらも、江波は元刑事の鋭い推理力と人としての情を大切にした捜査で、17年間封印されてきた悲劇の真相を明らかにする。(よる8時放送)

(寒山)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中