2021年 6月 17日 (木)

朝ドラの内野聖陽と西島秀俊 「いつか2ショット」を期待
連続テレビ小説「おかえりモネ」(NHK総合ほか)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   5月17日(2021年)スタートの朝ドラ「おかえりモネ」。物語は、宮城県・気仙沼市の離島・亀島で生まれ育ったヒロイン永浦百音が、高校卒業を機に、登米市の森林組合の見習い職員として働き始める――。

   ヒロイン・モネを演じるのは清原果耶。まさに朝ドラの申し子だ。2015年後期朝ドラ「あさが来た」で女中・ふゆ役を好演したのはわずか13歳。さらに19年前期朝ドラ「なつぞら」ではヒロインの生き別れの妹・千遥を演じた。そして、今回、ヒロイン抜擢。まだ19歳ながら、3度も朝ドラに出演し、まさに朝ドラの申し子。朝ドラファンにしてみれば、「おかえり果耶」という感じ。

  • NHK「おかえりモネ」番組サイトより
    NHK「おかえりモネ」番組サイトより
  • NHK「おかえりモネ」番組サイトより

子役でなく「いきなりのご本人登場」

   第1週「天気予報って未来がわかる?」ではモネの気仙沼の家族や、登米の森林組合の人たち、そして、モネに影響を与える気象キャスターなどが登場し、物語の始まりらしい展開を見せていた。

   モネの家族は、家業である牡蠣養殖業を継がず、地元の銀行に勤める心配性の父に内野聖陽、牡蠣養殖業を手伝うしっかり者の母に鈴木京香、2歳下の妹・未知に蒔田彩珠、そして、牡蠣養殖名人の祖父に藤竜也。さらに、祖母役の竹下景子。語りも担当しているのだが、すでに亡くなっており、牡蠣になってヒロインたちを見守っているという設定。過去には「ごちそうさん」でも、祖母がぬか床になり、ヒロインを見守り、語りを務めており、牡蠣になったことは驚かないが、出荷されないことを祈るのみ。

   森林組合には、モネが下宿する大山主・新田サヤカ(夏木マリ)、組合の佐々木課長(浜野謙太)、石ノ森章太郎ファンの古参職員・川久保さん(でんでん)、診療所の医師・菅波光太朗(坂口健太郎)がいる。今週は、そこに、テレビでおなじみの人気気象キャスター朝岡覚(西島秀俊)が登米にやってきて、町が大騒ぎするという流れで、人の役に立ちたいけれど、何をしていいかわからないとモヤモヤしているモネが、気象予報士の仕事を間近に見て、モヤモヤが晴れる、というようなお話だった。

   朝ドラといえば、毎回、少女時代を演じる子役が注目だが、今回、最初は子役という定石を破り、いきなりのご本人登場にいささか面食らったが、これはこれで新鮮だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中