2021年 11月 29日 (月)

「あのときキスしておけば」松坂桃李・井浦新・三浦翔平の「恋の三角バトル」に大興奮!「脚本と演技陣が神レベルの面白さ!」「最初はキモかった井浦新が可愛すぎて不思議です」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   松坂桃李主演で、井浦新と麻生久美子共演の衝撃の男女入れ替わりラブコメディー「あのときキスしておけば」(テレビ朝日系)第4話が5月21日(2021年)に放送された。唯月巴(麻生久美子)の魂が田中マサオ=オジ巴(井浦新)に乗り移っていることを、巴の母親(岸本加世子)だけでなく、マサオの妻の田中帆奈美(MEGUMI)と、巴を発掘した元夫で漫画誌副編集長の高見沢春斗(三浦翔平)も知ることになった。

   オジ巴と、主人公の桃地のぞむ(松坂桃李)、そして高見沢との〈三角関係〉にも注目が集まり、ネット上では「ますます面白くなった」「最初はキモイと思った井浦さんが可愛すぎるから不思議」「脚本と演技陣が神レベル」という絶賛の嵐が起こっている。

  • 1本のストローでバナナジュースを飲み合うモモチとオジ巴(テレビ朝日の公式サイトより)
    1本のストローでバナナジュースを飲み合うモモチとオジ巴(テレビ朝日の公式サイトより)
  • 1本のストローでバナナジュースを飲み合うモモチとオジ巴(テレビ朝日の公式サイトより)

こんな楽しいドラマに出会えて、生きていて良かった

   物語は、マサオの妻・帆奈美に桃地とイチャイチャしているところを見られたオジ巴は、「2人は不倫している」と勘違いされ、家に連れ戻される。オジ巴はマサオの部屋で遺書を発見、マサオの家庭の事情を知る。オジ巴は桃地とともに帆奈美に喫茶店で会い、自分がマサオに乗り移っていることを告白、帆奈美に〈女同士〉として家族の悩みを打ち明け、理解し合う。そして、桃地と原宿にデートに出かけ、1本のハート型ストローでバナナジュースを飲み合う。

   一方、巴が生きていると確信した高見沢は、あちこち探すうちに桃地の家の前で力尽きる。桃地の自宅で目覚め、原稿を書くオジ巴の後ろ姿を見て彼が巴だと確信、号泣しながらオジ巴を抱きしめる...。という展開だった。桃地、オジ巴、高見沢の三角関係の始まりとなるシーンに、「第4話ラストで笑い転げた。どういう展開になっていくのかスゴ~く楽しみ」「三浦翔平との三角関係。来週もワクワク!」などの声が上がった」

   ネット上では称賛の声があふれている。

   「こんな楽しいドラマに出会えるなんて...。『この1週間、生きてて良かったー(モモチ風に)。沖縄に向かう飛行機の中、田中マサオの心は既に死んだも同然だった。その抜け殻のような身体に、まだ漫画を描きたい、生きていたいと強く思うカニカマ先生の魂が入ったのですね! 高見沢さんのオーバーリアクションがコントの様で痛快。カニカマ先生が漫画を描いている後ろ姿だけで、ストーンと腑に落ちた。 オッサンの中に巴が生きている! さて、来週からはまさかの3人の恋のバトル。モモチ、ガンバレー!」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中