2021年 6月 17日 (木)

「あのときキスしておけば」松坂桃李と三浦翔平「恋のフラバトル」に笑い過ぎて昇天の声!「井浦新と三浦翔平、ついにキスしたー!マジか!」「負けるな、モモチ!」の応援コール大合唱

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   松坂桃李主演で、井浦新、麻生久美子、三浦翔平共演の衝撃の男女入れ替わりラブコメディー「あのときキスしておけば」(テレビ朝日系)第5話が5月28日(2021年)放送され、オジ巴(井浦新)を受け入れた高見沢(三浦翔平)の暴走が始まり、恋の三角バトルが勃発した。

   ラストシーンでオジ巴と高見沢のキスシーンが映し出されると、ネット上には「キスしたぁー!マジか!」「ああ〜、モモチ負けるな!」といった大反響が起こった。また、桃地(松坂桃李)と高見沢の「恋のフラダンスバトル」にも「おかしくてお腹がよじれる」と大爆笑の渦が起こった。

  • ついに三浦翔平のほうが先に井浦新とキスを(テレビ朝日公式サイトより)
    ついに三浦翔平のほうが先に井浦新とキスを(テレビ朝日公式サイトより)
  • ついに三浦翔平のほうが先に井浦新とキスを(テレビ朝日公式サイトより)

「三浦翔平の腰の動き、フラ出来るジャンと思うほど」

   物語は、オジ巴(井浦新)が巴(麻生久美子)だと気づいた高見沢(三浦翔平)は、オジ巴を自宅に連れ帰る。1人自宅に取り残された桃地は巴と高見沢が夫婦だったことを知り、ショックを受ける。オジ巴が通うフラダンス教室に桃地と高見沢も参加。最初は3人で踊っているのだが、途中から帆奈美(MEGUMI)の指示を無視し2人で「ダンスバトル」を始めるありさま。

   桃地は、オジ巴に振り向かせようと巴の母・妙(岸本加世子)から巴の好物「イカゲソ煮」の作り方を教えてもらう。一方、高見沢は編集長から蟹釜ジョーの人気マンガ「SEIKAの空」の連載打ち切りを告げられ、会社に辞表を提出。フリーの編集者として巴を支えながら共に「SEIKAの空」完結編を作ることを決意する。高見沢はオジ巴を抱き寄せ、「巴...やり直そう」と優しくキスをする。手作りのイカゲソ煮を持って走ってきた桃地は、2人のキスを目撃。あまりのショックにイカゲソ煮を落とし、床にぶちまけてしまう......。という展開だった。

   ネット上ではこんな称賛の声であふれた。

   「三浦翔平さん、イキイキしている。こういう変な役もサイコー。三浦翔平さんの腰の動き、フラ出来るんじゃないのって思っちゃうほど、自然に腰が動いていましたね。役者さんって凄いですね」

   「三浦翔平は、これまでのどんな役より魅力的に見える!クールなイメージからのギャップ萌え半端なく、メッチャ可愛かった。三浦翔平、恐るべしっ!」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中