2021年 7月 28日 (水)

豚肉高騰の背景に「ポークショック」 アメリカで何が?日比麻音子「コロナ禍の影響も」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「手頃な価格で、食卓の味方と呼ばれる豚肉の価格が高騰しています。1パック200グラムの国産ロース肉は、去年の同じ時期は320円でしたが、1年経ったきのう(2021年6月22日)は401円。ですから、2割ほど高くなっていますね」と司会の夏目三久。

   続けて日比麻音子アナが、「『ポークショック』とも言えるこの現象。コロナ禍の影響もあるということですが、価格の高騰とどのように関係しているのでしょうか」と疑問を投げかけた。

  • 豚肉の価格の動向に注目が集まっている(写真はイメージ)
    豚肉の価格の動向に注目が集まっている(写真はイメージ)
  • 豚肉の価格の動向に注目が集まっている(写真はイメージ)

「アメリカ産が高いから国産も...」

   東京・新宿区にあるトンカツ専門店「とんかつは飲み物。西武新宿店」の中條仁店長は「外国産・国産限らず、豚肉の値段は断続的に上がってきます。このままいくと値上げせざるを得なくなるかも知れない」と頭を悩ませる。

   また、練馬区のスーパー「スーパーアキダイ」の秋葉弘道社長は「国産の豚肉は2割くらい上がっている」と話す。

   例年、豚肉の価格は夏には上がる傾向にあるが、今年は特に急だという。「アメリカ産の豚肉の値段が上がることによって全体的に値上がりする。アメリカ産が高いから、国産が取り合いになり、国産の値段も上がってしまうということです」と秋葉社長。アメリカ産豚肉は2020年春の3倍もの価格で取引されていて、その影響が日本の小売店に押し寄せているのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中