2021年 7月 31日 (土)

「アタック25」に「秋終了」報道 46年の歴史と最新状況

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「パネルクイズ アタック25」(ABCテレビ、テレビ朝日系)が今2021年秋終了すると、朝日新聞などが6月24日に報じた。1975年にスタートし、今年で46年の歴史ある長寿番組の終了はただただ寂しい。初代司会者俳優・児玉清。学習院大学卒業で、書評番組も長らく務め、インテリ俳優と言われていた。亡くなって10年が経ち、若い人にとっては博多華丸が「アタックチャンス」とやるモノマネのほうがお馴染みかもしれない。

   児玉亡き後、局アナが繋ぎ、2015年4月、3代目司会者に就任したのが谷原章介。あれから6年、ついに番組が終わるのかというわけで、久々に6月27日、番組を見た。この日は「タレント大会」とあったが......。

  • 老舗番組をめぐる報道が気になって…(写真はイメージ)
    老舗番組をめぐる報道が気になって…(写真はイメージ)
  • 老舗番組をめぐる報道が気になって…(写真はイメージ)

正解すればパネルを1枚とり...の基本的ルールは変わらず

   正解すればパネルを1枚とり、オセロのように挟むことでパネルの色をひっくり返すことができて、最終的に1番多くパネルをとった人が勝ちという基本的なルールは変わらず。

   で、今回、気がついたのが、前は最初に自己紹介していたと思うのに、今は正解したら、紹介できるシステムに代わっていたこと。

   だから、正解できない人はいつまでも、紹介できず、今回の場合、14問目でやっと答えられた人がいて、それまでの引きつった顔が映るたびにこちらまでドキドキした。もしも、最後まで1度も正解しなかったらどうなるのだろう。

   今回、「タレント大会」とあったのだが、ラジオパーソナリティ・脇たまき、お笑い芸人・高見、俳優・塚本凌生、演歌歌手・花咲ゆき美と、誰ひとり知らない人だったので驚いた。たとえば、お笑い芸人・高見。「芸歴11年目・関西大学法学部卒業」とプロフィールにある。「昨年、コンビを解散し、今はピン芸人で相方を探している状態。芸人だけでは食べられず、朝はパン屋さん、昼は喫茶店、夜は居酒屋とバイトを3つ掛け持ちしている」と本人談。調べてみると「ヒガシ逢ウサカ」というコンビでツッコミ担当だったとか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中