2021年 8月 3日 (火)

大谷翔平は「足裏感覚まで」スゴイ! 「二刀流スパイク」開発秘話に夏目三久も驚き

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   昨日14日(日本時間、2021年7月)行われた米メジャーリーグのオールスターゲーム。MCの夏目三久も興奮気味に「大谷選手が打者と投手の二刀流で出場しました。快音はありませんでしたが、勝利投手になりました。現地メディアも『大谷はオールスターを支配しメジャーリーグの歴史に名を残した』と伝えました」と紹介し、「ワクワクして見ていましたが、いい時間でしたねぇ」とコメントした。

  • 大谷翔平選手の大活躍が続いている
    大谷翔平選手の大活躍が続いている
  • 大谷翔平選手の大活躍が続いている

投手用スパイクは「左右の重さが違ってしまう」が...

   続いて藤森祥平アナは「本人も楽しんでいる様子が伝わってきました。そんななか、大谷がオールスターで使用した道具が米野球殿堂博物館に寄贈されることになり、その一つが、大谷選手の思いがぎっしり詰まった二刀流用のスパイクです」と話した。

   この二刀流用スパイクを開発したアシックスジャパンは「ひと言でいうと二刀流のためのスパイクです」と話す。つまり、一足で投手でも野手でもプレーできるスパイクだという。

   投手のスパイクには通常、軸足のつま先部分に「P革」と呼ばれる補強がなされている。ピッチングの際にこすれやすいつま先部分が破れやすいからだ。そのため投手用スパイクはどうしても左右の重さが違ってしまう。しかし、大谷は「野手で出場する機会も多いので、同じようにはければいい」と開発者に要望していた。

   そこで開発されたのがP革を排除した二刀流用スパイクだった。開発者は「ポリウレタン樹脂を一面に使い、擦り切れないような凸凹の形状にした」という。大谷はこのスパイクを不思議そうに眺め「これなら削れないですね」と話していたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中