2021年 8月 2日 (月)

三浦春馬さんと「言葉だけじゃなくつながっている感じ」 柳楽優弥が語った「キャスティングの力」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   16日(2021年7月)の「あさイチ」プレムアムトークのゲストは、俳優の柳楽優弥さん(31)。14歳の時、映画『誰も知らない』(是枝裕和監督)でデビュー。カンヌ国際映画祭で史上初の日本人として、そして史上最年少で最優秀男優賞を受賞したという経歴を持つ。今も数多くの映画で活躍する中、「世界三大映画祭を制覇!」という野望があるという。

  • 昨夏亡くなった三浦春馬さん(2008年撮影)も映画「太陽の子」に出演している。
    昨夏亡くなった三浦春馬さん(2008年撮影)も映画「太陽の子」に出演している。
  • 昨夏亡くなった三浦春馬さん(2008年撮影)も映画「太陽の子」に出演している。

鈴木奈穂子「野望がギラギラなんですね」

   柳楽さん「すみません...て感じなんですけど。14歳の時、カンヌで会った人たちがカッコよくて、僕も映画を通してまた行きたいな、と」

   博多大吉キャスター「14歳の時に『あんな大人になりたい』と思ったわけですね。こんだけはっきり目標を口にされるのは、すがすがしいです」

   鈴木奈穂子キャスター「野望がギラギラなんですね」 8月に公開予定の日米合作映画『太陽の子』(黒崎博監督)で若き科学者を演じる柳楽さんは、弟役を演じた三浦春馬さん(故人、享年30)、幼なじみ役有村架純さん(28)の存在についてこう語る。

「キャスティングの力ってすごい。春馬君とは10代前半の頃から一緒にオーディションを受けたり共演したりしていたので、言葉だけじゃなくつながっている感じがあって。架純ちゃんともほかの作品でご一緒していたので、役柄の距離感と近い感じだった。それって演技とか役作りだけで作れるものではないと思う。環境自体が良いシーンを作る上で大切だったのかなと思います」(柳楽さん)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中