2021年 8月 2日 (月)

キスマイ・横尾渉 美女とツーショット!直撃したフライデーが驚いた腰の低さ!「中途半端な気持ちじゃないこと知ってください」――ほか7編

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   イラストレーター、小説家、俳優とさまざまな顔を持つリリー・フランキー(57歳)のデート現場をキャッチしたと、NWESポストセブン(2021年7月15日16:00)が報じている。俳優としてのフランキーは、存在感がなさそうである、不思議な役者である。私は知らなかったが、まだ独身だそうだ。

   相合傘で寄り添って歩く2人の姿は、たしかに「長年連れ添った夫婦」みたいだ。その女性は、リリーより29歳年下のグラビアアイドル・園都(28)だそうだ。出会いは、<「園さんがグラビアの仕事を本格化させた2016年頃に、仕事現場で一緒になったのがきっかけみたいです。仲のいい友人も交えて食事に行くようになって、二人で会うようになったのは2019年の終わり頃だとか。何度か"デート"しているみたいですよ」(園の知人)>。園は直撃に、交際を否定したが、笑顔はどこか幸せそうだったという。

   ジャニーズ事務所に「Kis-My-Ft2」というグループがある。そこの横尾渉(35)は、歌がヘタ、演技もイマイチ、滑舌が悪いと三拍子そろっていて、後輩のジュニアたちからも「なぜキスマイに入れたのだろう」といわれるくらいの"ポンコツ"だそうだ。私はこういうの、好きだな。

   その横尾が住んでいるタワマンに、キャミソール風のワンピースを着た女性と入っていったとフライデーが激写と共に報じている。直撃に横尾は、何ともいえないが、「正直、(フライデーされるのは)初めてのことなので驚いていまして」とジャニタレとしては初々しい。持っていたペットボトルを記者に差し出したそうだ。フライデーも思わず、「こんなに腰の低いジャニーズアイドルがいただろうか」と感心しきり。横尾は最後に、「もう35歳にもなりましたし、そんな中途半端な気持ちでないということだけは知っておいてほしいかな、と」

   彼女は芸能界ではなくOLで、交際は4年目になるそうだ。"結婚できない中年男"中居正広のようにはなるなよ!

「報ステ・大越健介」今から心配になる生温さ!権力とケンカしたことないNHK体質では鋭いツッコミは無理か

   NHKを辞めた大越健介(59)が、テレビ朝日系の『報道ステーション』のメインキャスターになる。週刊新潮のインタビューに、「第二の人生というほど、おおげさな断絶も感じていませんし、いままで通りの姿勢でやっていきたいと思っています。日々のニュースに神経を研ぎ澄まして取材を深め、できるだけ平易な言葉でお伝えする。そこに尽きると思います」

   民放幹部は、抜群の安定感があり、彼が登場する10月上旬には解散・総選挙があるから、もともと政治部出身だけにそちらにも強いから、視聴率争いでもリードできると話している。

   心配は多々ある。テレ朝も身体検査はやっただろうから、現在、女性問題はないのだろうが、どこから礫が飛んでくるかわからない。昔の彼女が、週刊誌にタレ込むこともある。それだけではない。NHK出身のアナ、記者で、民放で成功した人間は、私が知る限り、池上彰を除いてほとんどいない。鳴り物入りで『news zero』のメインキャスターになった有働由美子も、今ではほとんど話題にもならない。

   それにはいくつも理由があると思うが、最も大きいのはジャーナリストとして「生温い」からである。眦(まなじり)を決して相手の嫌がる質問をしたことがない。相手もNHKだといえば、よほどのことがない限り会ってくれるが、前提として、嫌な質問はしないという思い込みがある。そんな風土の中で育ってきた大越に、久米宏のような突っ込みや痛烈な批判力を期待するのは無理だろう。

   大越がNHKでやった読売新聞の渡辺恒雄主筆のインタビューを見たが、質問が甘すぎて、見ているこちらが恥ずかしくなった。ましてや、テレ朝のトップは歴代官邸の主と親しいことが売り物の人物である。NHK会長はお飾りだが、ここはそういうわけにはいかない。大越に、NHK時代にはできなかった権力批判、原発再稼働に対する批判、大企業批判をやる、それが出来なければ辞表を提出するぐらいの覚悟があるのだろうか。まあ、お手並み拝見というところか。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中