2021年 9月 21日 (火)

阿部兄妹そろって金 「強さの秘密」を「スッキリ」解説

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京五輪の柔道で兄妹そろって金メダルをとった阿部一二三(23)、詩(21)選手の「強さの背景」を元日本代表監督・シドニー五輪銀メダリストの篠原信一氏が解説した。26日(2021年7月)のスッキリが伝えた。

  • 兄妹で金メダル
    兄妹で金メダル
  • 兄妹で金メダル

兄は6歳、妹は5歳で柔道を始める

   先に畳に上がった詩選手が延長戦の末、フランスの選手を抑え込んで一本勝ち。続いて兄の一二三選手も、やはり延長戦に突入したが、大外刈りで技ありを奪って勝利した。実況中継は、勝ってなお畳の上では表情を変えない兄とは対照的に、飛び上がって喜ぶ妹の姿を映しながら、「やっぱり、お兄ちゃんも強かった」。

   兄が柔道を始めたのは6歳。「昔は、自分はすごく弱くて泣き虫」。「女の子に負けて悔しくて、そこからは絶対上を目指そうって」。妹は5歳で柔道を始め、「昔から負けず嫌いな性格だったので、お兄ちゃんが強くなっていくのに、負けたくないところがあった」。

   兄は中学時代に全国大会で2連覇。高校生では国際大会で優勝した。妹は中学3年生でシニアの大会に出場し、頭角を現した。「私はお兄ちゃんがいなかったら、今の自分は絶対にないと思っている。すごい感謝も尊敬もしています。いつでも引っ張ってくれる存在というか。こういう風になりたいと思わせてくれたのはお兄ちゃんだった」。

   2018年の世界選手権では、日本勢史上初の兄妹優勝を果たした。

   父親の浩二さんは試合後、一二三選手に「最高の出来やった」とお祝いの言葉をかけた。母親の愛さんは、「抱きしめてくれたんで、最高にうれしかったです」。兄の勇一朗さんも「感無量でした」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中