2021年 9月 21日 (火)

西矢椛選手(13)、焼き肉で何食べる? 母親が「めざまし8」に語った「予想」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「笑顔でカッコイイ滑りを見せて、海外の人にも有名になれるような滑りをしたいです」。

   先月(2021年6月)、そんな夢を語っていたのは、きのう7月26日にスケートボード女子ストリートで優勝、国内で最年少の金メダリストになった13歳と約11カ月の西矢椛選手だ。これまでの最年少記録は1992年バルセロナ五輪で競泳女子の岩崎恭子選手の14歳と6日だった。その時の岩崎さんの「今まで生きてた中で、一番幸せです」という言葉が今も話題になっている。

  • 「13歳で五輪の金メダル」の偉業を達成した
    「13歳で五輪の金メダル」の偉業を達成した
  • 「13歳で五輪の金メダル」の偉業を達成した

「焼き肉を食べたいって聞いたんで...」

   司会の谷原章介が唐突に伝えた。「女子ストリートの実況を担当していたのは、『めざまし8』の倉田大誠アナでした。名実況が飛び出しました。『13歳! 真夏の大冒険!』」

   西矢選手は4回目終了時点で8人中最下位だった。残されたチャンスは一発の大技に挑むベストトリック。それを成功させ、一気にトップに。その瞬間を「大冒険」と表現した。西矢選手は最後まで笑顔で滑りたいと言っていたが、涙がこみ上げた。

   試合終了後の会見で、今の気持ちはと聞かれると、「うれしいです」。メダルは重い?「重いです。1トン(ぐらい)」。自己採点は?「100点です」。誰に喜びを伝えたい?「家族です」。

   西谷選手がスケートボードを始めたのは5歳。兄が始めたのがきっかけだった。娘の快挙について母親は「もう驚きしかなかったです」。声をかけました?「まだ声はかけてないですけど、ガッツポーズだけしときました」。どんな反応ですか?「(ガッツポーズして)ってやってました。(ガッツポーズ)ってやられました」。ねぎらってあげたいことは?「焼き肉を食べたいって聞いたんで、焼き肉に行こうかなと思っています。何食べるか、ハラミですかね。目いっぱい食べると思います」

   快活な元気な様子がうかがえる。

(一ツ石)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中