2021年 9月 23日 (木)

銀メダリストがすぐ近くに!? 「海で、あ、(五十嵐)カノアいるじゃん...よくあります」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   台風の影響で日程が前倒しされ、27日(2021年7月)に準々決勝から決勝が行われた東京五輪サーフィン競技だが、男子は五十嵐カノア選手(23)が銀メダル、女子は都筑有夢路(あむろ)選手(20)が銅メダルを獲得した。両選手は28日のスッキリに国際包装センターからの生中継で出演、快挙を振り返るとともに思いを語った。

   サーフィン競技は、原則30分程度の制限時間内に最大25回波に乗り、上位2本の得点合計で勝敗を競う。

  • 日本で「このスポーツがもっと伸びていく」指摘も(写真はイメージ)
    日本で「このスポーツがもっと伸びていく」指摘も(写真はイメージ)
  • 日本で「このスポーツがもっと伸びていく」指摘も(写真はイメージ)

同メダルの都筑有夢路選手「「表彰式終わってからメダルずっとかけていて...」

   五十嵐選手の準決勝の相手、ブラジルのメディーナ選手は開始早々バックサイドフルローテーションで仕掛け、8.33の高得点を出すなどリード。逆転には9.0以上の高得点が必要だが、途中、波が来なくなったこともあり五十嵐選手はなかなか波に乗らなかった。しかし、残り8分で五十嵐選手はフルローテーションの大技で9.33を出して逆転。残り時間はプライオリティ(波に乗る優先権)を持っている時に相手に近づきプレッシャーを与えるなど駆け引きを行いながら逃げ切った。

   その後の決勝ではブラジルのフェレイラ選手に敗れたものの見事銀メダルを獲得した。

   一方、女子では都筑有夢路選手が3位決定戦で、アメリカのマークス選手と対戦。こちらは序盤から波を探る時間が続く中都筑選手が仕掛けた。その後マークス選手は追いつけず都筑選手が銅メダルを獲得した。

   五十嵐選手は「まだ夢の中にいるよう」、都筑選手は「表彰式終わってからメダルずっとかけていて、重くて肩が痛いです」と喜びを語る。

   今後について五十嵐選手は「まだ悔しさも残っているので次の大会のトレーニングをしたい」、都筑選手は「フライドポテトをたくさん食べたいです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中