2021年 9月 22日 (水)

加藤浩次「いいシーンだね」 男子走り高跳びで「109年ぶり」珍事

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「けさ3日(2021年8月)は東京五輪の神場面を2つ紹介します」と岩田絵里奈アナが伝えた。「1つは、午前中の陸上女子1500メートルの予選、オランダのハッサン選手(28)です」。司会の加藤浩次も「私も見た。凄かったよ。とんでもないことだよ」

   ハッセンはラスト1周で他の走者と触れたのか、転倒した。「その後なんです、衝撃的なのは」と岩田。立ち上がると、猛烈にスパート、1人、2人と、どんどん抜いて、最終的に11人を抜き、1位でゴールインした。

  • 五輪で熱戦が繰り広げられている(写真はイメージ)
    五輪で熱戦が繰り広げられている(写真はイメージ)
  • 五輪で熱戦が繰り広げられている(写真はイメージ)

「とんでもないですよ」

   加藤「凄いじゃないですか。オリンピックの舞台ですよ」。ハンセンはこの後、夜に5000メートルの決勝で金メダルを取った。「とんでもないですよ」と加藤。

   次は陸上男子走り高跳び。決勝で最後まで残ったのはカタールのバーシム選手(30)とイタリアのタンベリ選手(29)。2人とも2メートル39で失敗するまでまったく同じ成績だった。

   岩田が説明する。「走り高跳びでは、この後に決着をつけるかどうかは、選手に委ねられるということなので、果たしてどうだったでしょうか」

   審判が2人に「ジャンプオフをしますか」と聞くと、選手が「やらないといけないの?」と聞く。審判が「やらなくてもいいです」と答えると、2人は手を取り合って抱き合い、飛び上がった。2人の金メダリストが誕生したのだ。

   バーシムは「戦友とシェアすることができて素晴らしい気持ちです。勝った方が相手にディナーをおごる予定だったけど、どうやら自分の分だけ払うことでいいみたいだね」

   加藤「いいシーンだね。こういう形もあるということだね」

   岩田によると「109年ぶりだそうです」

(一ツ石)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中