2021年 9月 19日 (日)

「医療を知らない人が決めた方針としか思えない」 入院制限方針に「モーニングショー」で医師あ然

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   きのう4日(2021年8月)の新規感染の確認者数は、東京で4166人、全国で1万4207人と過去最多を記録。首都圏では東京を含め、埼玉で1200人、千葉で840人、茨城で290人、栃木で178人、群馬で204人、山梨が49人と、神奈川県以外いずれも過去最多となった。全国では計14都府県で過去最多の感染者数となった。政府はまん延防止等重点措置の提供地域を拡大する方針を固めた。

   「モーニングショー」ゲストコメンテーターの池袋大谷クリニック・大谷義夫院長は「感染爆発の状況になっている。予想をはるかに超えて急激に増えている。市中感染が起きていることは間違いない状況だ」と話す。

  • 政府は入院制限方針を打ち出したが…
    政府は入院制限方針を打ち出したが…
  • 政府は入院制限方針を打ち出したが…

尾身茂会長は「この件に関して(政府と)相談、議論」せず

   政府分科会の尾身茂会長が「東京で1日1万人の新規感染者が出る可能性もある」と警告する状況下で、政府は重症者や重症化リスクが高い患者に入院を限定する方針を打ち出した。しかし、これには与野党から撤回を求める声が上がった。与党公明党の高木美智代衆院議員は「自宅療養はあり得ない。検討しなおすべき」と訴え、自民党内からも「党として受け入れられない」との声があがるが、菅義偉首相は「撤回ではない。しっかり説明を行っていく」と述べたのみだった。

   尾身会長は「政府とは毎日のように相談、連絡、協議しているが、この件に関して相談、議論はしたことはない」と話す。これに対して田村憲久厚生労働相は「病床のオペレーションの話なので政府で決めた。医療資源は短期間に急には増えない。緊急事態に入りつつある中で先手を打って対応している」と述べた。

   大谷院長は「入院方針の見直しには大変失望した。往診やオンライン診療だけで入院の適用を判断することは難しい。CTなしで入院適用を決めるというのは医療を知らない人が決めた方針としか思えない」と驚きを隠さない。

   社会活動家の石山アンジュは「政府の決定に唐突感がある。与党内の足並みも揃わず、医師から見ても実態に合っていない。十分に議論されていないと思う」とコメント。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中