2021年 9月 17日 (金)

NHKの「空手」紹介で「微妙な空気&爆笑」 「あさナビ」で起きた「映さないで」事案

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   その日の五輪の見どころを「あさイチ」メンバーが紹介するNHK「あさナビ」。5日(2021年8月)は、今回初めてオリンピックの正式競技になった「空手」を取り上げた。案内したのはシャイな印象の矢崎智之リポーターだ。

  • 五輪の「空手」に焦点を当てた
    五輪の「空手」に焦点を当てた
  • 五輪の「空手」に焦点を当てた

演武の形の名前を宣言

   矢崎リポーター「日本発祥の武道、空手。特にヨーロッパで人気が高く、愛好家は世界で1億300万人。テニス人口と同じくらいなんです。今回競技として行われるのは組手と形。そして今回『あさナビ』で紹介したいのが、形。男女ともに金メダルが期待されているんです」

   女子代表は全日本選手権を7連覇した清水希容選手(27)、男子代表は全日本選手権を3連覇中の喜友名諒選手(31)だ。

   形の試合は、102種類の演武から自分で選んだものを行う。四方八方を敵に囲まれているという想定で、自分の身を守りながら次々に迫ってくる見えない敵に技を出していく。技を出すときの「シュッ」という衣擦れの音もポイントだ。

   ここで矢崎リポーターがクイズ。清水選手のVTRを確認すると、試合が始まる前、一礼してから何かを叫ぶのだが...。

   矢崎リポーター「さて、なんて言ったのでしょうか」

   博多大吉キャスター「『そんなバカなよ、フラフープ!』」

   博多華丸キャスター「『キタロー!』とは言っているよね」

   矢崎リポーター「正解は『チャタンヤラクーサンクー』。演武の形の名前なんです。演武するものを宣言してから始めるのがルールで、言い間違えると失格なんです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中