2021年 9月 22日 (水)

「都民1000人に1人が毎日感染」試算 「あさチャン!」が伝えた医療現場の危機感

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「誇大な感染者増を予想して国民を煽っている」と揶揄されることも少なくない「8割おじさん」こと西浦博・京都大教授が、東京都の新型コロナ新規感染者数について「5000人を超える」と試算した到達時期は8月「中旬」だったが、きのう5日(2021年8月)、早くも5042人に達した。オリンピックにうかれている間に、感染拡大は爆発的に進んでいる。

  • 危機感を募らせる医療現場も(写真はイメージ)
    危機感を募らせる医療現場も(写真はイメージ)
  • 危機感を募らせる医療現場も(写真はイメージ)

小池知事「非常に厳しいということ」

   6日の「あさチャン!」では、都のモニタリング会議が「8月18日の予測値は、1万909人。都民の1000人に1人が毎日感染する計算になる」という試算を発表したことや、東京の自宅療養者が過去最多の1万6913人にのぼっていること、ワクチンを2回接種した後にデルタ株に感染した20代の患者の話題、お盆の旅行キャンセルが相次いでいることなどを取り上げた。

   「重症者等以外は原則自宅療養」を打ち出した政府は方々から批判を受け、きのう5日の参院・厚生労働委員会では、田村憲久厚労相が「中等症は原則入院です」と軌道修正していた。中等症でも酸素投与が必要な人などは入院対象とし、最終的には医師が判断するという。

   最近めっきり影が薄くなった東京都の小池百合子知事の映像は、10秒足らず。「デルタ株については準備もしておりましたけれども、非常に厳しいということ」と淡々とコメントしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中