2021年 9月 19日 (日)

深夜の都内クラブ前に行列 撮影女性「人の多さに怖くなった」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「3連休の最終日となったきのう(2021年8月9日)は、政府が不要不急の外出自粛を呼びかける中で、都内の繁華街は多くの人でにぎわいました。東京・港区にあるクラブの前には、深夜にも関わらず行列ができていました」と司会の羽鳥慎一が伝えた。

  • 番組サイトより
    番組サイトより
  • 番組サイトより

「モーニングショー」で指摘

   羽鳥が指摘した行列は、きのう午前0時半ごろのこと。終電がなくなっているにも関わらず、クラブに入ろうと、大勢の若者が密な状態で店前に並んでいた。この様子を撮影した女性は「人の多さに怖くなった」とコメントしている。

   緊急事態宣言が出ている中、減らない夜の人出。携帯電話の位置情報によると、おととい20時台の人出は1週間前に比べ、渋谷でプラス17.3%、歌舞伎町で13.6%、原宿駅でプラス29.2%と繁華街を中心に増加している。

   そんな中、問題になっているのが、阪急うめだ本店、ルミネエスト新宿、伊勢丹新宿店など百貨店で相次いでいる大規模感染だ。従業員145人が感染した阪神梅田本店のケースでは8割以上がデパ地下の関係者で、クラスターと認定された。

   当初は従業員同士、バックヤードでの感染拡大と考えられていたが、感染者がデパ地下に集中していることから、「客からうつったのではないか」と見られている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中