2021年 9月 17日 (金)

「西日本豪雨」級の大雨に警戒を 「スッキリ」も詳報

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   いま九州を中心に降り続いている雨は「全国的に3年前の西日本豪雨に匹敵する恐れがある」ときのう11日(2021年8月)、気象庁が1週間先までの大雨に異例の警戒を呼びかけた。前線が日本列島に停滞し、梅雨末期の気圧配置が続くため、災害の危険が高まるという。

   3年前、2018年の西日本豪雨では堤防の決壊、川の氾濫、土砂災害が頻発したが、気象庁の予報官は今回も「いつ、どこで起きるかわからない」と強調した。

  • 大雨に警戒が呼びかけられている
    大雨に警戒が呼びかけられている
  • 大雨に警戒が呼びかけられている

加藤浩次「ずっと同じところで雨がつづく可能性が...」

   気象予報士の藤富郷は、いま九州にある前線を南からの太平洋高気圧が北へ押し上げ「きのう、きょう、あす、あさってと日本列島に前線が停滞する。そこへさらに北からオホーツク海高気圧が張り出す。これが現れると、この状態が1週間ぐらい続く」と解説する。

   司会の加藤浩次「ずっと同じところで雨がつづく可能性があるということですね」

   「スッキリ」も、きのうに続き、きょう12日もここ1週間の天候異常の危険を取り上げた。珍しいと言っては悪いが、危機感ひとしおなのは、それだけ深刻な状況なのか。東京は暑いだけでもたまらないが、その先には梅雨の戻りが控えている。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中