2021年 9月 23日 (木)

スマホで高級車のロック解除 専門家が「追加が必要」と指摘する「鍵」とは

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています
「国産高級車の窃盗が相次いでいます」

   MCの羽鳥慎一は19日(2021年8月)の放送で、そう言ったあと「番組が確認しただけでも1週間に3件の窃盗の映像がありました」と続けた。

  • 新手口の車両盗難が相次いでおり、注意が必要(写真はイメージ)
    新手口の車両盗難が相次いでおり、注意が必要(写真はイメージ)
  • 新手口の車両盗難が相次いでおり、注意が必要(写真はイメージ)

窃盗場面の映像

   最初に紹介されたのは16日早朝、東大阪市の中古車販売店の防犯カメラ映像。近づいてきた車が国産高級車の前で停車すると、中から黒ずくめの1人が降りてきた。乗ってきた車のトランクを開け、何かを手にして高級車のドア付近で何やらゴゾゴソしている。その約40秒後、車に戻ると、今度はもう1人が降りてきて運転席のドアロックを解除、ドアを開けて乗り込んだ。最初の1人が乗ってきた車に戻ろうとした瞬間、立ち止まって運転席に話しかけるしぐさ。通りを自転車に乗った人が通りかかったのだ。自転車が通り過ぎると、最初の1人は乗ってきた車に乗り込み立ち去り、別の1人は高級国産車を運転して立ち去って行った。たった3分の出来事だった。

   11日の明け方には袖ケ浦市の自動車販売店の防犯カメラが窃盗の瞬間を捉えていた。駐車場に入ってきた車から男が降り、高級車の横で身をかがめると、高級車のライトが点灯。映像では高級車の前は壁、後ろにはワゴン車が隙間なく停車している。男は目当ての車に乗り込むと、後ろのワゴン車を高級車で押し出すように動かして隙間を作ると、そのまま運転して敷地外に出ていった。

   さらに8月9日深夜には相模原市に駐車してあった高級車に男が近づくと、見張り役らしき男が辺りを警戒する。すぐに高級車のライトが点灯し、男は車の中に。見張り役は乗ってきた車に戻り、実行役は高級車に乗って走り去っていった。これもわずか数分の出来事だった。

   このほかにも7月2日には木更津市の自動車販売店でリュックからスマホを取り出した犯人が高級車前方でかがむと、あっという間にロックを解除してしまった映像もあった。これらの犯行の共通点は「タブレットやスマホなどを使用する新手口」であること。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中