2021年 9月 23日 (木)

「医療アクセスできずに死亡」相次ぐ 玉川徹「行政には責任がある」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京都のきのう18日(2021年8月)の新型コロナウイルス新規感染者数は、水曜日過去最多の5386人。しかも、新型コロナ政府分科会の尾身茂会長は「報告されているよりも実態の感染者はもう少し多いと思う」と発言。「無症状の人は積極的に検査を受けていない」と指摘した。19日の「モーニングショー」が詳報した。

   小池百合子・東京都知事は感染が急拡大している若い世代へのワクチン接種を加速させるため、「渋谷に事前予約なしで接種可能な若年層専用のワクチン接種会場を設置する」と発表した。

  • 臨時の医療施設の設置めぐる動きも(写真はイメージ)
    臨時の医療施設の設置めぐる動きも(写真はイメージ)
  • 臨時の医療施設の設置めぐる動きも(写真はイメージ)

実際の感染者数は「3倍いてもおかしくない」

   東京都は、新規感染者数が減らないことも問題だが、入院・療養等調整中が1万2349人、自宅療養者が2万2226人、併せて3万4575人が自宅で療養しているが、入院患者数は3815人しかいない。入院患者数の5倍以上が自宅療養している計算になる。しかも17日時点の7日間平均陽性率は24.0%で、ゲストコメンテーターの長崎大学大学院、森内浩幸教授は「実際の感染者数は3倍いてもおかしくない」とコメント。

   実際に自宅療養中に亡くなるケースも多数報告されている。基礎疾患がありワクチン未接種の40代女性は、10日に陽性が判明、夫、子供も感染し家族3人で自宅療養していた。11日に保健所が健康観察を行ったが入院適用にならなかった。すると翌12日、女性が自宅で倒れているのを夫が発見、死亡が確認された。

   千葉在住の60代男性は、基礎疾患がなく当初の症状はせきと発熱だった。8月上旬に要請が判明し自宅療養していたが、9日に血中酸素飽和度が低下。10日以降は医師が往診して酸素投与を開始していたが、13日に自宅で倒れているのを管理人が発見し、死亡が確認された。また千葉で基礎疾患がある60代男性は、10日に陽性が判明し、中等症と判断された。11日に保健所が連絡をした際は電話に出ず折り返しもなかった。12日未明に家族が異変に気づき死亡が確認された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中