2021年 9月 22日 (水)

メトロ「硫酸」事件の不気味 狙いは?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   きのう24日(2021年8月)21時過ぎ、東京都港区のメトロ白銀高輪駅の上りエスカレーター付近で、男が突然、振り向きざまに、うしろにいた男性の顔に硫酸とみられる液体をかけた。床に広がった液体に転倒した女性の足にもかかり、男女2人が火傷を負った。男は2番出口から北へ逃走、警察が傷害事件として追っている。「スッキリ」が取り上げた。

  • 番組サイトより
    番組サイトより
  • 番組サイトより

加藤浩次「準備していたように見えます」

   防犯カメラの画像によると、男は30代から50代、身長75センチぐらい、小太り、黒いポロシャツとズボンと野球帽姿で、手袋をはめていた。被害男性は面識がないとみられる。

   司会の加藤浩次「わかっているのは、ここまで。硫酸を瓶に入れ、黒づくめだったから、準備していたように見えます」

   宮崎哲弥(評論家)「犯行の意思は読めるが、動機がわからない。だれでもよかったのか。非常に怖い」

   松田丈志(元競泳日本代表)「まだ逃走している。新たな危害が心配です」

   硫酸は皮膚や粘膜に強い刺激性がある。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中