2021年 9月 17日 (金)

ゲストハウスで「お試し同棲」 加藤浩次「ありかも」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「コロナでインバウンド需要が見込めないゲストハウス(簡易宿泊所)が今している試みをご紹介します。なんだと思います?」と、岩田絵里奈アナウンサーが26日(2021年8月)の放送で問いかけた。それは「お試し同棲」だ。

   司会の加藤浩次「1回ちょっと住んでみましょうと借りるわけね、へえー!」

   実施しているゲストハウスでは、1週間から1カ月間を、家具付き、敷金礼金なし週3万5200円。

  • 「結婚」の前に…
    「結婚」の前に…
  • 「結婚」の前に…

48時間の「プチ同棲プラン」も

   池田美優(みちょぱ=モデル・タレント)「私ならそのまま同棲してしまいます。でも、いっしょに暮らしてみて、いいとこ、わるいとこが出るからいいのでは」

   実際にやったカップルの感想を管理会社を通じて聞くと、「彼がきれい好きで、結婚後もストレスなく過ごせそうと思った」(20代前半の女性)、「リズムが合わない。関係を見直すきっかけにできた」(30代前半の男性)の声があった。夜型の彼と早起きの彼女で睡眠不足からケンカした例もあるとか。

   加藤「別れるなら早い方がいいか。お試し同棲はありかもしれない。結婚していなかったら、いろんな人とやりたかったなあ」

   モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「合わないのにダラダラということもあるからね。お試しなら言いやすいじゃない?」

   坂口孝則(経営コンサルタント)「最初に1カ月の期間を設定しておいて、1週間で止めるときは勇気がいりますね」

   48時間の「プチ同棲プラン」もあるそうだ。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中