2023年 1月 31日 (火)

河村たかし市長は「布マスク姿多い」 コロナ感染で玉川徹「不織布を」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「市民に範を示す役割」も指摘

   松本主任教授は「ワクチンを2回接種していたとしても、近くにウイルスがたくさんあれば感染は起こる。ただし重症は免れるのではないか。ワクチン接種している人の感染は発見しにくいので検査を受けてほしい」とコメント。

   石山アンジュは「地方への拡大は予断を許さない。私自身もワクチンを2回接種しており、どこかに安心感があった。しかし改めて気持ちを引き締めなければならないと思った」と語った。

   玉川徹は「行政の長は市民に範を示す役割がある。金メダルを噛んで批判されたときも、河村市長は布マスクだったが、普段から布マスク姿のことが多い。市長自ら不織布のマスクを着けることで市民にメッセージを送るべき立場なのに、布マスクではいけない」と市長を批判した。

   松本主任教授も「要職にいる方は特に不織布のマスクを着けてほしい」と訴えた。

(バルバス)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中