2021年 9月 21日 (火)

「#俺たちの菅波」...モネを抱擁でファン大興奮 「朝ドラ史上最高の純愛」の声も 【おかえりモネ】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」9月3日(2021年)放送回の内容を受けて、坂口健太郎さん演じる医師・菅波光太朗の話題がお茶の間を席巻している。(ネタバレあり)

   妹・未知(蒔田彩珠さん)が気仙沼から東京の姉・永浦百音(清原果耶さん)が下宿している銭湯を訪れ、菅波に会いたいと請われた百音は菅波を誘っていた。しかし百音の元を幼馴染の及川亮(永瀬廉さん)も訪ねていて、約束の日に菅波は未知と亮に遭遇。翌日も菅波は銭湯を訪れたが、百音は亮を連れ戻すため不在だった。そこで未知が菅波に、

「姉はいません。出かけました。昨日会いましたよね?ここで。地元の、島の。姉はあの人のところへ行きました。わかりませんでした?何か空気感じませんでした?あの2人は昔から通じ合ってる...」

と言ってしまう。

  • NHKの「おかえりモネ」番組サイトより
    NHKの「おかえりモネ」番組サイトより
  • NHKの「おかえりモネ」番組サイトより

「嫉妬とかそういうレベルの話じゃなくて...」

   百音は亮から告白を受けたが、「これで救われる?」と一線を引く返事をした。その場面を聞いてしまった未知から、「お姉ちゃんは、正しいけど冷たいよ」と言われてしまう。

   翌日、菅波が「あなたに会いに来たんです」と、再び百音の元を訪れた。

「これでも、動揺してるんですよ。昨日から」
「妹さんに会って、幼馴染の、あの彼に会って、あ、誤解しないでください。嫉妬とかそういうレベルの話じゃなくて、えっと...あの...いや、違うな、あのー...前に話してくれましたよね。あなたが妹さんに言われたこと(編注:お姉ちゃん、津波見てないもんね)。あなたがずっと抱えてきたことを、僕が正確に理解して受け止められるとは思わない。ただ、登米に行って、あなたに会って、僕は自分が少し、変わったと思っています。今なら少しは受け止められる。いや、受け止めたい。だから何かあれば多少は頼りにしてください」

と伝えた後、東京の大学病院を離れ、登米の診療所に専念しようと考えていることを百音に明かす。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中