2021年 9月 22日 (水)

【絶対当たる総裁選予想】◎は岸田、○は石破、河野は△。エエッ!二階幹事長は留任?――ほか9編

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   菅首相が就任以来初めて「正しい判断」を下した。きょう3日(2021年9月)行われた自民党の臨時役員会で、総裁選に立候補しないと表明したのである。メディアは競って速報を流した。私が見たのはTBSのNEWSで11時55分、共同通信11時55分、朝日新聞12時、NHKのNEWSWEB12時9分だった。

   四面楚歌の菅が総裁選に出ないで辞任するという話は、少し前から出ていた。昨夕、突然、菅が自民党本部を訪れ、二階幹事長と会談したことで、党内は大騒ぎになった。<騒ぎになったのは、1年前の辞任劇の記憶があるからだ。首相だった安倍晋三氏は昨年8月28日午後2時過ぎ、突然、党本部の二階氏を訪問した。その場で首相を辞任する意向を伝え、1時間後、臨時役員会で辞意を表明した>(朝日新聞DIGITAL9月2日 21時45分)

   会談後、菅も二階も無言だったが、間違いなく、菅は二階に「総裁選には出ないので後はよろしく」といったに違いない。それが証拠に、二階は幹事長のまま居座り続けるようだ。菅の唯一の支持者だった二階を幹事長から外すと口走った時から、菅の生き残る道はすべて閉ざされたのである。

   菅の辞任は、大方喜んで迎えられた。日経平均は500円も値上がりした。菅は後継者の話も二階にしているはずだ。岸田はあり得ないから、河野太郎か石破茂だろうと思っていたら、夕刻、河野が出馬すると報じられた。石破も出馬するはずだ。私の総裁選予想は◎は岸田、○は石破。河野は菅の色が強すぎるのと、ワクチン確保に失敗したことがマイナスで△。

   だが、忘れてはいけない。このメディアを巻き込んだお祭り騒ぎで、自民党という堕落した政党が生まれ変わることなど決してないということを。これまでも自民党はそうやって生きながらえてきたのだ。騙されてはいけない。

週刊誌が芸能人不倫スクープができない!「家呑み&セックス&お泊り」で現場写真撮れず

   話はガラッと変わる。「男たらし」「女たらし」と噂されてきたNHKアナの桑子真帆(34)と俳優の小澤征悦(47)が結婚した。以前から2人の交際は何度も報じられていたから、驚きはない。桑子はバツイチ、小澤は初婚である。

   小澤の父親は世界的な指揮者の小澤征爾だ。小澤には何度か結婚しようと思った女性がいたらしいが、征爾の眼鏡にかなわなかったらしい。今度の桑子は、征爾も気にいりOKが出たという。父親の誕生日の9月1日に入籍したそうだ。彼女は芯が強そうだから、父親ともうまくやるのではないか。

   フライデーが、俳優の菅田将暉(28)と女優の小松菜奈(25)が結婚へ向けて、彼女のマンションで同棲生活を送っていると報じている。菅田は「彼女から目を離したくない」と小松にぞっこんだそうだから、ゴールインは近そうだ。

   はやりコロナの影響なのだろう。週刊文春もフライデー、FLASHも大物たちの不倫現場激写報道が極めて少ない。2人で夜の六本木を手つなぎデートや、夜な夜な女性をラブホへ連れ込んでいた連中が、自宅に籠って「家呑み&セックス&お泊り」してしまうため、現場写真が撮りにくいのか。コロナ禍は週刊誌にとっても受難のようである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中