2022年 12月 1日 (木)

【絶対当たる総裁選予想】◎は岸田、○は石破、河野は△。エエッ!二階幹事長は留任?――ほか9編

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

硫酸男・花森弘卓は英語も中国語もペラペラ、裕福な家庭で「昆虫大好き」...ただ、友人がいない

   かつての後輩(22)の言動を恨んで、後を追いかけて硫酸をぶっかけるというとんでもない行動に出た花森弘卓(ひろたか・25)とはどんな人間なのか。週刊文春によれば、花森は静岡市内で整体院を営む父と、中国人の母親の長男として生まれているという。小さいころまで母親と一緒に中国で暮らしていたそうで、父親は腕のいい整体師、母親も新幹線で都内に通っている医者という家庭で、裕福な暮らしをしていたという。

   彼は、中国語と英語が喋れ、昆虫が好きで、自宅ではカブト虫やクワガタを飼育し、ネットオークションで売って小遣い稼ぎをしていたそうだ。高校を出て、沖縄にある琉球大学農学部に入学する。2年目に映画研究部に入り、そこで件の後輩と出逢ったという。

   なぜ硫酸をかけるほど後輩を憎んだのか、動機がよく分からない。週刊文春は「昨年秋、花森から『家に泊めて欲しい』と言われたA(後輩=筆者注)は、卒業制作で多忙だったため、丁寧に断ると花森が激怒。しつこいのでLINEをブロックしたら、自宅に脅迫めいた手紙が届いた」(琉大関係者)と書いているが、動機としては弱いのではないか。

   花森は最近、父と母を相次いで亡くしている。そのためか、彼は琉大を退学して、昨年から静岡大の農学部に編入し、実家で一人暮らしを始めている。両親も友人もいないことで、花森の中の何かが変わったのではないか。硫酸をかけられた後輩は、両目の角膜損傷や火傷など全治6か月の重症を負ったが、彼にもなぜこのようなことをされたのか、思い当たるふしはないのではないか。動機の解明が待たれる。

   都内の私立高校に通う鷲野花夏さん「(かな・18)が、20代後半の夫婦に殺害された事件も不可解である。鷲野さんが小森章平(27)と知りあったのはツイッター上だったという。アニメの絵を描く彼女と共通の話題で盛り上がり、連絡を取り合い、やがて実際に会うようにもなったそうだ。

   妻の和美(いずみ・28)と小森はその後に知り合う。和美には男がいて子供までもうけたが、あまりのDVの激しさに、ツイッターで知り合った小森のところへ逃げ込んで結婚したという。鷲野さんの自宅は向島付近で、小森夫婦はJR上越線の渋川駅。古びた二階建ての土地と建物は和美の名義だそうだ。

   和美は夫と鷲野が連絡をしている姿に、不倫をしていると妄想を膨らませいったという。8月28日、鷲野を自宅周辺で車に乗せ、自宅に泊め、翌日は山梨や長野を車で回った。その時、鷲野と和美がいい合いになり、「鷲野が『章平さんは私のことが好きなんです』という一言が、和美の凶行の引き金になったようです」(捜査関係者)というのだ。夫の章平は止めずに殺しを手伝ったというのだから、驚くしかない。

   ツイッターで知り合って簡単に恋に落ち、嫉妬した妻と、愛してくれていると信じた男に殺されてしまう。SNSという"妖怪"を野放しにしていると、このような悲劇を何度も繰り返すことになるはずだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中