2024年 2月 26日 (月)

北朝鮮、列車からミサイル発射の驚愕! 専門家が「発見も迎撃も困難」とする理由

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

玉川徹「PAC3がいくらあっても迎撃漏れがでてしまう」

   スポーツキャスターの長嶋一茂は「北朝鮮の経済逼迫は冬にかけてさらに進む。日本では総裁選に注目が集まる中、北朝鮮にも注目しろというアピールなのかも」とコメント。

   バイオリニストの廣津留すみれは「北朝鮮のミサイル発射のニュースが入ってくると、"またか"と慣れてしまっている部分があるが、これは射程距離も広く新たな脅威になる」と話した。

   テレビ朝日コメンテーターの玉川徹は「なぜ貨物列車かというと偽装だからです。これまではトンネルの中に隠して打つ時に外に出していた。貨物列車から発射されると、見た目ではどれがミサイルを搭載している列車かわからなくなる。先制攻撃ができない日本は、この情報をどうやって察知するのか。衛星などで監視できて兆候を捉えたとして、攻撃したがミサイル列車ではなかったとなると、これは戦争を仕掛けたことになり、大手を振って核を使われることにもつながりかねない」

   長嶋一茂が続けて「PAC3は日本に28基あるそうですが、射程距離は数十キロしかなく、全国に散らばっている。射程内にすべてを集められないので、万が一攻撃されたらふせげないですよ」と指摘すると、司会の羽鳥慎一は「黒井さんによると、迎撃はできるが範囲が狭いので守れないそうです」とコメント。

   玉川が「同時にミサイルを撃つ"飽和攻撃"をされたら、PAC3がいくらあっても迎撃漏れがでてしまう」と言うと、羽鳥は「発見するのも、対策も困難になったということです。大きな問題です」とまとめた。

(バルバス)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中