2021年 10月 17日 (日)

玉川徹「共産党は名前を変えるつもりはないのか」 志位委員長と羽鳥慎一の反応は?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   自民党総裁選は連日白熱している一方、野党はどうなのか。街でインタビューすると「存在理由がわからない」「非建設的だ」「国会紛糾を目指しているだけ」「ただ反対すればいいと思っている」など、厳しい意見が多数聞かれる。

   羽鳥慎一が24日(2021年9月)、「本日は国会で10議席以上ある野党4党の代表の方にスタジオにお越しいただきました」と紹介したのは、立憲民主党の江田憲司代表代行、日本共産党の志位和夫委員長、日本維新の会の片山虎之助共同代表、国民民主党の玉木雄一郎代表。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

「最も重視することは何か」に4野党は...

   この4人が生出演し、約1時間、それぞれの党を代表して主張を訴えた。

   冒頭で「最も重視することは何か」と問われた4人の野党代表。立憲の江田代表代行は「この8月に医療崩壊し約270人が自宅療養中に亡くなった。年末に起きるかもしれない第6波に備え、総理主導で病床確保、医療人材の確保を行い万全の整備をしていただきたい。変異株が出ないように、また水際対策を強化することが大事」と主張。

   共産の志位委員長は「医療崩壊の原因は過去の医療公衆衛生切り捨てが原因の人災。感染症病床、保健所の予算を2倍にして拡充に転換する。政府から独立した感染症科学者会議の新設も必要」と訴える。

   維新の片山共同代表は「一番重要なのは医療崩壊を防ぐこと。今は法律でできないが、ある程度強制力を持って言える仕組みが必要」と言い、国民の玉木代表は「ゲームチェンジャーとなりうるのは国産の経口治療薬の開発。国がコミットして開発を促すべき。日本は国際的にも経済活動がかなり遅れているので、今こそ経済対策を行い、一律10万円給付をもう一度行うべき」と訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中