2021年 10月 20日 (水)

櫻井翔と相葉雅紀やっと結婚!週刊文春が伝えていたハワイでイチャイチャの彼女や10年越しの相手――ほか3編

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

    中年間近の2人の男が揃って結婚を発表したことが話題である。「嵐」の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)のことだ。9月28日(2021年9月)夕刻、ジャニーズ事務所の公式ホームページで発表され、<嵐ファンのみならず、日本中が騒然となった>(週刊文春)そうだ。私は驚きも感動もしなかったが、この国では極々少数派なのだろう。

   櫻井は昨年1月、今回結婚した女性とハワイ・オアフ島のカイルアビーチでいちゃついているところを文春が写真と共に報じていたし、相葉に至っては彼女との同棲生活が10年にもなるそうである。

   櫻井の相手は、慶應大学の同級生でミス慶應に選ばれたこともある。地方のテレビ局に就職したが、2人の交際はすぐに噂になった。櫻井の女癖の悪さに彼女のほうが愛想を尽かし、何度か別れと復縁を繰り返してきたそうだ。耐え続けてきた彼女の一途さが櫻井に結婚を決意させたのだろう。

   それとは反対に、相葉のほうは順調に愛を育んできたようだ。事務所の「アイドルでいる間は結婚させない」というとんでもない「掟」に縛られ、波風を立てることを嫌う相葉は、慎重にタイミングを見極めていたそうだ。

   2019年11月に二宮和也が元フリーアナウンサーとの結婚を発表したことがきっかけになったようだ。これで5人のメンバーのうち3人が結婚した。不惑を迎えて、「国民的アイドルグループ」でもあるまい。活動を再開すれば、結婚生活に亀裂が走ることもある。子どもでもできたら、育児、手料理でも勉強して、子育て番組の司会でもやったらいい。もう十分にアイドル生活を満喫したのだから。

ドラマ『SUITS』のような弁護士になれるか小室圭......夢が実現しそう街ニューヨークの新婚生活

   週刊文春や週刊新潮、女性週刊誌の関心は、自民党総裁が誰になるかということよりも、小室圭の動向に集まっていたようである。もっとも、発売日前日が総裁選というタイミングの悪さもあるのだろう。

   余談だが、自民党だけではなく、芸能事務所や問題を抱えている企業は、以前から、週刊誌に不都合な曜日に会見を開いたりすることが多かった。金曜日は新聞社系の週刊誌以外は締め切りに間に合わない。今はネットで発信するから、こうしたことはほとんどなくなったようだが、今回の総裁選は、文春、新潮にとっては最悪だった。

   小室圭の話題にいこう。彼が成田空港の到着口から出てきた姿を見ていて、「艱難汝を玉にす」という言葉を思い出していた。「小室が玉か」と文春、新潮は怒るかもしれないが、甘ったるい海の王子から、目つきのややきつい精悍な大人の男になって帰国した。

   長くのびた髪を後ろで束ねたちょんまげのような髪型は野武士のようである。日本を離れていた3年2ヵ月という歳月と、楽ではなかっただろうニューヨーク生活が、彼を鍛え、たくましくしたのだろう。170人を超える取材陣の前で一礼した彼に、敵地へ乗り込んできたという雰囲気を感じたのは、私の考え過ぎだろうか。

   文春、新潮はともにトップの大特集だが、内容はこれまでの蒸し返しである。両誌ともに、小室圭が勤め始めたのは、ニューヨーク・マンハッタンのセントラルパーク南側にある「ローウェンスタイン・サンドラー」という法律事務所で、全米に5つの事務所があり、350人以上の弁護士を擁していると報じている。テクノロジー、生命科学、投資ファンドの分野に強みがある大手だそうだ。小室圭はまだ試験の合否が分からないという不安材料はあるが、既にここで働き始めているそうだ。

   私がニューヨークへ初めて行ったのは30代半ばだった。ミネソタ州のミネアポリスでホームステイをしていて、友人のカメラマンと遊びに行ったのだ。機上から見たニューヨークの街は夕暮れの中で光り輝いていた。私がもう少し若かったら、この街でチャレンジしてみたかった、そう思わせる何かがこの街にはある。テレビドラマ『SUITS』のような弁護士生活を思ってしまうが、現実はそうではないだろうが、私には羨ましい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中