2021年 10月 21日 (木)

今も感謝! 他人の持ち歌を歌う「THE夜もヒッパレ」第1回、最初に歌ってくれたのは和田アキ子さん

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   和田アキ子さんは、日本を代表する偉大な歌手であると共に、大変面白いタレントさんでもあります。

   私が和田さんと知り合ったのは、日本テレビの生放送バラエティ番組「スーパーJOCKEY」(1983~1999年)のプロデューサー&ディレクターだった時です。和田さんは「スーパーJOCKEY」が放送される日曜日に、TBSで少し前に生放送が始まる「アッコにおまかせ!」(1985年~)が終わってから、日本テレビに駆け付けてくれ、何度も歌ゲストとして出演してもらいました。

   ハッキリとした記憶はないのですが、和田さんのデビュー何周年かの時、「スーパーJOCKEY」に出ていただいたときのスチール写真をアルバムにして控え室にお届けしたら、大変喜んでいただきました。

   それ以来、公私共にとてもお世話になっていますが、私が大変感謝しているのは、音楽バラエティ番組「THE夜もヒッパレ」が始まる時(1995年4月)のことです。この番組は、以前にもこのコラムで書きましたが、自分の持ち歌は歌えない前提でランキングに入った曲を歌うというコンセプトでしたから、最初はキャスティングに苦労をしました。

   1回目の放送の第10位――要するに新番組のど頭――にだれが登場するかが皆注目するところなのですが、曲は山根康広の「Get Along Together」でした。それを歌ってくれたのが和田さんだったのです。もちろんその後に和田さんの特集コーナーがある訳ですが、他人のそれも日本の歌を歌っていただいた和田さんには、今でも感謝しています。

  • 和田アキ子さんとの思い出
    和田アキ子さんとの思い出
  • 和田アキ子さんとの思い出

ピアノ伴奏で歌う勝新太郎さんに芸能界の良さを思う

   和田さんに関してはいろいろ思い出があるのですが、印象深いのは、ご一緒に食事をさせてもらったあとに、銀座のある店に行った時のことです。

   その店に、勝新太郎さん(故人)と奥様の中村玉緒さんが現れ、起立してお迎えする和田さんと、親しそうにお話しをした後に、マイクを持って店のピアノの伴奏で、勝さんが気持ちよさそうに歌を歌いました。曲名は残念ながら記憶に残ってないのですが、歌は上手かったです。

   その時、私は「本当に、芸能界っていいな」と思いました。幸せな気分に浸り、こういう出会いを作ってくれた、和田さんに感謝しました。

   和田アキ子さんは、冒頭にも書きましたが、大変面白いタレントさんですが、日本を代表する偉大な歌手です。いつまでも、歌を歌ってください。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中