2021年 10月 17日 (日)

ホテル客が「クビだ」と罵声 モーニングショーでカスハラ映像

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   コロナ禍で客によるカスタマーハラスメント「カスハラ」がさまざまな業種に広がっていることを、13日(2021年10月)の「モーニングショー」が取り上げた。

   その映像は、愛知県のシティーホテルで今月1日に撮られた場面。男性客が従業員に「クビだ」と罵声を浴びせ、土下座を強要した。このホテルでは客の荷物を従業員が持つサービスはしていないが、それに激怒したらしい。目撃者によると、この男性客は自分は東京に不動産会社社長だと言い張り「ふざけてんのかよ。ホテルマンのくせに偉そうに。社長に言うからな」と、携帯電話で写真を撮ろうとした。従業員に名刺を出させ、受けとると破り捨てた。

  • カスハラが事案が相次いでいる(画像はイメージ)
    カスハラが事案が相次いでいる(画像はイメージ)
  • カスハラが事案が相次いでいる(画像はイメージ)

スーパーでマスクなし客

   さらに「これで普通の部屋に泊まらせるんじゃないだろうな。最上階を用意しろ」と要求したという。他の客が警察に通報し、警官が駆けつけると態度を一変、泊まらずに立ち去ったそうだ。

   静岡県のスーパーでは、マスクをしない女性客に従業員が声をかけると、女性客は「私、ワクチン2回打ち終わってるの」と言い放って立ち去った。べつの女性客は「強要じゃないのよ」と大声をあげ、「店員はマスクしてよね。菌をばらまくんだから。マスクしなくていいのはお客だけ」と言い放った。

   コンビニで、小銭をトレイに投げて「文句あるか」と言う客や、宅配業者に「新しいダンボールに入れて持ってこい」と要求する客もいるそうだ。UAゼンセンのアンケート調査では、カスハラの36%がコロナ関連だった。

   司会の羽鳥慎一「50代、60代の客が多いということです」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「みんなイライラしているだね、ベースは。反対の『えっ』と思う店もあるけど、お互いに気をつけないといけません」

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中