2021年 12月 1日 (水)

妻にも子どもにも去られた東出昌大が「まるで5歳児」のように甘える丸の内美人OLだれ?――ほか8編

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2人のモテ男、俳優の東出昌大(33)と歌舞伎役者の市川海老蔵の艶話。東出は女優・杏(35)と芸能界きってのおしどり夫婦といわれていたのに、昨年1月(2020年)に文春砲で、9歳年下の唐田えりか(24)との不倫を報じられ、その後離婚。「夫婦で半分ずつ所有していた自宅と三人の子供たちの親権は杏さんに委ねられました」(杏の友人=週刊文春)

   CM契約解除などで違約金2億円ともいわれるが、事務所が肩代わりしているそうだ。元妻のほうはドラマや映画が目白押しで、子どもたちのために今後、住まいをフランスに移す計画もあるという。順調な妻に比べ、仕事も減っていた東出だが、3年ぶりの主演映画『草の響き』が公開され、新しい映画の撮影も入っているようだ。

   その東出が親しい知人に、「最近、一般人の彼女ができた」と語っているという。米国人の父と日本人の母を持つ滝沢カレン似のハーフ美女で、「今は外国人相手に接客する丸の内のOL」(彼女の知人)で、広島の呉市で撮影のために滞在していたホテルにも呼び寄せ、忍ぶ恋を楽しんでいたという。

   彼女は、行くつもりはなかったが、東出が拗ねるから行ったと語っているようだ。「ロケ地に呼ぶのはどうかと思うけど。五歳上なのにまるで五歳児」といっているようだが、彼女に甘えきっているようだ。妻と子どもに去られ、仕事も減った傷心の男の心の隙間を埋めてもらっているのだろう。

「海老蔵」旅先で美女2人と日替わり密会!公開ブログに映らないようカメラアングル工夫

   海老蔵が愛妻・小林麻央を失ってから4年以上が過ぎた。母親を失った息子と娘のよきパパぶりをブログやYouTubeで発信しているが、とんと浮いた話は聞かれなかった。週刊ポストは、麻央との交際報道から約12年ぶり、女性と逢瀬を重ねる海老蔵の姿を捉えたと報じている。しかも2人同時だそうだ。

   岡山県倉敷市。9月下旬、海老蔵は自転車を駆ってあたりの風景を撮り、すぐにブログにアップしていた。その日も、早朝、高級旅館から自転車に乗って外出すると、5分ほどのところにあるホテルへと向かった。ホテルから出てきたA子と親しく話していると、「海老蔵は彼女に歩み寄り、おもむろに1万円札の束を手渡した。その後、海老蔵はA子さんの部屋に入っていった」(ポスト)。気になるのは1万円の束の意味するところだが、ポストは気にならないようである。A子とはその後も食事を共にしたりして、海老蔵は密会を楽しんでいたという。

   第二幕は、A子と過ごし、彼女が帰京した後の夜である。米子の高級旅館を午後10時過ぎにノックしたのはB美だそうだ。彼女は深夜1時半を回ったころに部屋を出てきたが、翌日は丸1日、海老蔵は彼女と過ごしたという。その間も海老蔵はサイクリングの様子や風景を撮ってはブログに上げていた。もちろん隣に彼女がいることは分からないように。

   日本を代表する美男2人を女性が放っておくわけはないから、やっかむのはやめておこう。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中