2022年 1月 26日 (水)

熊田曜子DV裁判、夫は無罪主張 「スッキリ」陣が注目する点

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   18日(2021年10月)の「スッキリ」は、タレントの熊田曜子さんに暴行したとして逮捕された夫の初公判について報じた。

   起訴状によると、夫は今年5月、熊田さんの顔を平手で1回殴るなどした暴行の罪に問われている。15日に行われた初公判で、夫は、その日時に自宅で熊田さんといたことは認めたものの暴行については「一切ない」と否定。弁護側は無罪を主張した。

   その日、熊田さんと夫の間に何があったのか。検察側の冒頭陳述によると、夫は熊田さんが幼稚園の休園日にママ友の子どもを預かることを承知したことに腹を立てた。酒に酔って帰宅した夫は、子どもの預かりを断るように迫り、暴言を吐きながら熊田さんのすねを蹴ったり、平手で顔を殴ったりしたという。

  • 熊田曜子さん(写真:Keizo Mori/アフロ)
    熊田曜子さん(写真:Keizo Mori/アフロ)
  • 熊田曜子さん(写真:Keizo Mori/アフロ)

次回公判で熊田さん出廷予定

   熊田さんは夫の逮捕直後、「夫からの暴力行為は今回が初めてではなく、夫が帰宅する時間が近づくと、恐怖を感じるようになってしまっており...」などとコメント。離婚を決意したことを明かしている。

   「スッキリ」は熊田さんの代理人を取材。代理人によると、熊田さんは5月に暴行を受けた後、眠れないなどの症状があり、6月にPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されていたという。

   第2回の公判は来月(11月)9日で、熊田さんが検察側の証人として出廷する。検察側の証拠として、「痛い」という熊田さんの声や、殴る音、「殺すぞ」という夫の声などが録音された事件当時の音声データと、「眼球打撲」や「結膜下出血」と記された熊田さんの診断書を提出する予定だという。

   司会の加藤浩次「これは刑事事件で、暴行が行われたかどうかの裁判です。旦那さんの方は、民事で夫婦間の問題について訴える構えも見せているそうです」

   下川美奈(日本テレビ報道局社会部解説委員)「被告である旦那さんの方は、完全に否認していて争う姿勢を見せている。次回の裁判では熊田さんが通報した時に駆け付けた警察官も証人出廷するということで、その中で出てくる新たな事実に被告側がどういうことを述べるのかに注目していきたいですね」

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「お子さんが3人いるんでしょう?子どもさんにとってもこういう親御さんの姿はよろしくないし、難しいでしょうが、早く解決してほしいです」

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中