2021年 12月 4日 (土)

小室圭さん「白い紙袋」の意味 「THE TIME,」で分析

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   昨日18日(2021年10月)午前、秋篠宮家の長女眞子さまと結婚予定の小室圭さんが、秋篠宮ご夫妻に挨拶をするために赤坂御用地を訪れた。

   午前7時47分に横浜市内の自宅を出た小室さんは、帰国した時に後ろに束ねていた髪は短く、一礼した後黒い車に乗り込んだ。およそ3時間半後の0時50分頃に赤坂御用地を後にした小室さんでは、秋篠宮さまへの挨拶のほか、3年2カ月ぶりに再会した眞子さまと今後の打ち合わせを行ったとみられている。

   婚姻届は来週26日に宮内庁職員が提出し、その後会見が行われる予定となっている。

   秋篠宮家訪問の際、小室さんは何も書かれていない白い紙袋を持っていたが、専門家によるとこれには意味があるという。

  • 小室圭さん
    小室圭さん
  • 小室圭さん

安住紳一郎、「内親王」の称号について説明

   皇室ジャーナリストの近重幸哉さんは「白い紙袋は秋篠宮家へのお土産だと思うが、皇室の方は自分たちが宣伝になることを好まれない。デパートの紙袋だと宣伝になりかねないということで、小室さんも気を使ってお出かけになったなという感じがした」と語る。

   19日の「THE TIME,」では、内親王という眞子さまの称号や皇室の今後に着目した。

   司会の安住紳一郎「眞子さまは現在内親王殿下と呼ばれていますが、内親王というのは、天皇からみて2親等以内の女性、あるいは天皇陛下の姉妹に与えられる身位(皇室内部での身分)です。26日に婚姻届を提出すると、眞子さまは小室眞子さんという名前になるということです。意外なことですが、皇室の方々には私たちと同じような苗字はありません。私はかつて寛仁さまの長女、彬子さまにお話を聞いたことがあります。慈善活動を行う際に銀行口座が必要になるんですが、口座申し込み用紙の氏名のところに(苗字を)書けないんですね。それで彬子女王(女王は天皇からみて3親等以遠の皇族女子)と書いてカウンターに出したら『ふざけてるんですか』と言われたという笑い話があります」

   女性皇族は結婚すると皇族を離脱するが、皇族が減少することに対して法律を変えようという動きもある。

   現在、元慶應義塾大学塾長の清家篤さんや、女優の中江有里さんらによる有識者会議によって対策案が議論されている。これまで10回の会議が開かれ、法整備をする際の問題点について整理をしているが、対策案としては「女性皇族が結婚後も皇室にとどまる案」「旧皇族の男系男子を養子に迎える案」が出されている。

   安住紳一郎「大変デリケートな議論で、国民の意見も分かれている。これを決める政治家はリスクが大きいので、安定政権でなければなかなか着手できない。喫緊の課題になっているがスピード感が出ないというのが現実のようです」

(みっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中