2021年 12月 8日 (水)

電車に乗る度に金属探知機...は困難 京王線事件で石原良純「どう防ぐのか」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   きのう31日(2021年10月)、東京都調布市を走行中の京王線の車内で男が刃物で男性を刺し、液体をまいたうえライターで火をつけた。男は通報で駆け付けた警察官に殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。刺された70代の男性は右胸を刺されており意識不明の重体で、ほかに16人がけがをした。容疑者は自称24歳で「死刑になりたかった」といっている。

   動画などによると、「押さないで」「早く、早く」「窓から出よう」――乗客たちが車内で逃げ惑っているときに突然、火が上がった。「燃えている、燃えている」「降りよう、降りよう」「前に行こう、前に行こう」とさらに大混雑し、パニック状態になった。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

羽鳥慎一「一人ひとりの手荷検査をするのは現実的に難しい」

   容疑者はハロウィンの当日だったせいか、まるでバットマンのジョーカーのような仮装をしていた。犯行後、車内で足を組んで煙草を吸っていた。警察官に抵抗せず逮捕され、調べに対し、「人を殺して死刑になりたかった。2人を殺せば死刑になると思った。8月(2021年)に小田急線で乗客が切りつけられた事件を参考にした」と供述しているという。

   石原良純(俳優、気象予報士)「被害にあわれた方やお家族の方の無念さを思うと、何と言えばいいのか。これは個人の動機なのか、社会が悪いのか――。こんなこと、個人に決まってますよ。どうやって防ぐのか、電車に乗る度に金属探知機をというわけにはいかないし」

   司会の羽鳥慎一「飛行機や新幹線とは違い、普通に乗る電車に一人ひとりの手荷検査をするのは現実的に難しいですね」

   山口真由(信州大学特任教授)「新幹線は警備の人を増やしたと思いますが、コストがかかると思う。安全にはコストがかかると思うので、コストをかけても安全なものにしてほしいと思いますね」

   羽鳥「これはもう、テロですよね。どうやって防げばいいのか」

(一ツ石)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中