2021年 12月 6日 (月)

人気おもちゃ「ぷにるんず」に興奮 みちょぱ「クセになりそう」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   きのう3日(2021年11月)、「日経トレンディ」誌が選ぶヒット商品ランキング「2021年ヒット商品ベスト30」が発表された。1位となった楽曲やお菓子、高級車などのヒットを生んだ「TikTok売れ」で、4日の「スッキリ」では100万袋以上売れたという「地球グミ」を5月の番組で紹介していた。

  • ぷにるんず(タカラトミー公式サイトより)
    ぷにるんず(タカラトミー公式サイトより)
  • ぷにるんず(タカラトミー公式サイトより)

2022年のヒット予測は?

   そして注目は2022年のヒット予測。三谷弘美編集長は「今までやっていたことをもう一度やるリベンジ消費ではなく、今までになかったような新しい消費をするフェーズになる」と分析し、ヒット予測7位にスッキリでオーディションの様子を紹介し続けたBE:FIRSTもランクイン。5位には軽量スマートグラス「JINS MEME」が入った。

   三谷編集長によると22年は「食の流通が変わっていく。新しい技術のものが出てくるという流れ」で、上位に新しい食の形が多くランクインしている。

   ヒット予測2位は「冷凍食品専門スーパー」、4位は「次世代自販機」。アメリカでラーメン自動販機を手掛ける「Yo-Kai express」のラーメン自販機が紹介された。途中まで料理したうえで冷凍したラーメンが購入ボタンを押すと調理されて出てくる仕組み。11月15日から日本でも試験運用が開始され、500台設置を目指しているという。

   また、東京・丸ビル地下にあるセルフサラダ「クリスプステーション」は、サラダをすぐ食べたいという客が会計前に食べることができる店で、食べた後に決済できる仕組み。さらに11位にランクインしたのは「プロフィッシュ」。これはJR西日本が手掛ける陸上養殖で育てるブランド魚。寄生虫などの心配がないため冷凍する必要がなく、味が落ちないのが強み。

   経営コンサルタントの坂口孝則はラーメン自販機について「自販機は海外では危険だということで進展しなかったが、最近は空港などで設置されるようになってきている。労働者不足もカバーできるとして注目され始めている」、陸上養殖魚については「面白い。JR西が物流まで考えている点もいい。量産できればコストも下がりやすくなり、技術輸出できれば日本産としてPRもできる」と絶賛。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中