2021年 12月 4日 (土)

岸田首相の「プッシュ型給付金」 実際どうなる?「スッキリ」で論議

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   きのう3日(2021年11月)「文化の日」の祝日、観光地はどこも賑わい、神奈川・箱根の旅館は「コロナ禍前の平日くらいにまで戻った。GoToキャンペーンに期待している」、埼玉・川越の商店街でも「活気が出て嬉しい」と話していた。

  • 岸田首相の決断は?
    岸田首相の決断は?
  • 岸田首相の決断は?

新GoToトラベルはいつから?

   岸田文雄首相が「経済再生に向け消費を喚起するため再開を検討する」としているGoToトラベルは、1泊1人2万円を上限に旅行代金の50%相当が割引になるキャンペーンで、昨年7月にスタートしたが、新型コロナの感染拡大を受けて同12月に一時停止。岸田首相が再開を目指すのは「GoTo2.0」、安全面を見直しバージョンアップするとしている。対象者はワクチンを2回接種した人や検査で陰性の証明ができる人。また、「割引額が大きくなる高級旅館は満室なのに、価格の安い小規模旅館は恩恵を受けなかった」という反省を生かし、「料金が安い宿の割引率アップ」や「平日利用の割引率アップ」も検討されている。

   はたして新GoToトラベルはいつから再開するのか。航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏は「年明け1月11日以降の再開ではないかという声も聞かれるが、観光業界は年内の再開を強く望んでいるが、早くても12月中旬ごろになるだろう」と予測。

   タレントのモーリー・ロバートソンは「前回の問題点を学習している。政権が課題としている分配がマーケットを使って実現できる可能性がある。競争力のないところにうまくインセンティブを設ける最適解が見つけられれば、税制をいじらずに分配が実現できるかも」とコメント。

   経営コンサルタントの坂口孝則は「前回は急に停止したことで、キャンセル処理などの問題が生じた。今回はどうなったらやめるかも決めておく必要がある。また平日割引率アップをするなら、平日に休みやすくするなど民間の協力を得ないと、結局はシニアしか利用できなくなる」と指摘。

   司会の加藤浩次が「日本は今後コロナとどう向き合うのか。新規感染者数より重症者数を重視するのかなど、形を決めたうえで始めてほしいですね」と主張すると、坂口は「海外からのお客様の中心は台湾と中国ですが、これらの国はワクチンがファイザーやモデルナ製ではない。これを受け入れるのかどうかは政治判断になる。しっかり発言してもらいたい」とくぎを刺した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中