2022年 1月 26日 (水)

安住アナ「私は1、2回目モデルナ」 3回目どうする?で気になるデータ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「接種のルールが変わるかもしれません」と切り出す司会の安住紳一郎。16日(2021年11月)の「THE TIME,」は新型コロナワクチン接種の今後の見通しと、それに対する街の声を取り上げた。

  • ワクチンめぐり新たな議論が
    ワクチンめぐり新たな議論が
  • ワクチンめぐり新たな議論が

「5歳から11歳」へのワクチンどうする

   厚労省専門部会ではワクチン接種の対象年齢に5歳から11歳の子どもも加えるかどうかについて、昨15日から検討が始まったが、背景にはアメリカで始まっている子どもへのワクチン接種がある。アメリカではセサミストリートの人気キャラクターで設定年齢6歳のビッグバードが「今日ワクチン打ったよ」と接種を報告して話題となるなど、子どもへの接種の動きが加速している。

   対象となる子どもを持つ親たちはどう考えているのか。街頭インタビューでは「うちは受けさせる予定です。かかったときに後悔するようなことがあったら嫌なので」「注射は痛いけど、コロナになったら周りの人に迷惑をかけるから我慢して受けます」と積極的な声が出る一方で、「ちょっと考えちゃいますね。子供は重症化しにくい」とためらう人も。

   塾に通う子どもたちの意見も「感染してもワクチン打ってたら軽い症状。ワクチンしてなかったら重症になるから打った方がいい」「打ちたいです。打ってそこで苦しむだけでコロナにかかって死ぬより全然いい。旅行したい。ワクチン打てばちょっと安心」など接種を希望する子どもに対し「お父さん2回打ったんですけど、高熱出したりしてぐったりしてたからあんまり打ちたくない」「副反応でて学校休まなきゃいけない」と不安を訴える子どもが。さらに「友達が打ってて、自分が打ってなかったら仲間はずれにされる」とワクチン差別を心配する声も出た。この塾では小学生7人中「接種したい」が2人、「したくない」が5人という結果だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中