2021年 12月 4日 (土)

清原果那、「モネ」イメ―ジに回し蹴り!? 民放初ドラマ主演で空手女子

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2022年1月スタートの火曜ドラマ「ファイトソング」(TBS系)で、俳優の清原果耶さんが主演を務める。11月18日(2021年)、同局が発表した。清原さんの民放ドラマ主演は初。

   清原さんが演じるのは空手の日本代表をめざす木皿花枝(きさら・はなえ)で、児童養護施設で育ち、持ち前の明るさとスポーツ根性であらゆる逆境を跳ね飛ばしていくポジティブな役どころだという。

   ドラマは花枝が試合前に聞いていた勝負曲の作者・芦田春樹(あしだ・はるき)と運命の出会いをするが、芦田はこじらせまくった変人ミュージシャンになっていた。さらにチャラいが花枝を一途に想い続ける幼馴染の夏川慎吾(なつかわ・しんご)も巻き込み、三角関係の恋に発展していく――という「ヒューマンラブコメディ」だ。

  • TBSの「ファイトソング」番組サイトより
    TBSの「ファイトソング」番組サイトより
  • TBSの「ファイトソング」番組サイトより

「新しい一面を見せられたら...」

   清原さんは

「今まで演じたことのない役柄の女の子との出会いでこれからとても楽しみですし、新しい一面を見せられたらいいなと思っています。また、空手に初挑戦できたことがうれしく、練習を頑張っていますので、空手シーンもぜひ見ていただきたいです」

   などとコメントを寄せている。

    脚本は、連続テレビ小説「ちゅらさん」(2001年)や「ひよっこ」(2017年)、映画「いま、会いにゆきます」などを手掛けた岡田惠和さん。岡田さんが火曜ドラマ枠でラブコメディのオリジナル脚本を担当するのも今回が初だという。

   岡田さんは清原さんについて、

「『内に秘めた美しい芝居』で朝ドラ(編注:おかえりモネ)の大役を全うされた清原さんには、今回は「動」の芝居を書いてます。思い切りガンガン喋って、からっと怒って、けらけら笑って、思い切り走って、叫んで。こういう役も清原さんは似合うはず」

   とコメントしている。芦田春樹役、夏川慎吾役のキャストは後日発表される。

   岡田さんの言う通り、21年10月に放送終了したばかりの連続テレビ小説「おかえりモネ」で主人公の永浦百音を演じた清原さんが、うってかわって「スポ根」「ラブコメ」ドラマで主演を務めるということで、ツイッターなどでは

「清原果耶ちゃん火10時!!絶対見る!しかもモネと違う感じの役所そうで違う一面が見れそう」
「清原果耶ちゃんの民放連ドラ嬉しい 空手ってことは道着姿も観れちゃうのかな」
「相手役も一発屋ミュージシャン、万年片思いの一途な幼馴染って言う役柄も面白そうだし、凄く素敵なドラマになりそうだな...!」

   など、期待の声が数多く上がっている。

(TT)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中