2022年 1月 28日 (金)

「オミクロン株とワクチン効果」の現状 加藤浩次の感想は...

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   成田空港で新型コロナウイルス・オミクロン株感染の2例目が見つかり、政府は航空各社に日本到着便の新規予約停止を求めるなど、水際対策の強化を急いでいるが、すでにすり抜けている可能性はないのか。2人目の感染者も到着時は無症状だった。2日朝(2021年12月)の「スッキリ」が取り上げた(編注 2日午前に一律の停止要請は撤回)。

  • オミクロン株とワクチン効果の関係にも注目が集まっている
    オミクロン株とワクチン効果の関係にも注目が集まっている
  • オミクロン株とワクチン効果の関係にも注目が集まっている

水際対策だけでは...

   木曜コメンテーターのモーリー・ロバートソン(国際ジャーナリスト)は、「EUはオミクロン株ウイルスが域内に広がったら大変なことになると、欧州委員会ではワクチン接種の義務化が検討されています」と解説する。日本感染症学会指導医の水野泰孝医師は「(空港検疫を)ある程度すり抜けることを想定して、国内対策をしっかりやることが重要」という。水際対策だけでは防ぎきれないということだ。

   国内に侵入してきたら、頼みはワクチンだが、オミクロン株にも有効なのか。感染していた2人も2回接種しており、ブレイクスルー感染だった。岩田絵里奈アナは「WHO主任科学者はきのう、ワクチンは重症化は防ぐ。感染力(が強いか)については、数日以内に多くの情報を得られるだろうと発表しました」と伝えた。

   司会の加藤浩次「まあ、ワクチンは打っておいた方がいいんだなということですね」。ただ、国立感染症研究所は「オミクロン変異でワクチンや抗体カクテルが効きにくくる可能性、感染力を高める可能性は増大している」と見ている。国内でオミクロン市中感染が1例でも確認されたら、直ちに緊急事態宣言を検討すべきかもしれない。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中