2022年 5月 24日 (火)

福島空港5000円キャッシュバック効果 谷原章介「あ~、いいね」の理由

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   福島空港が「太っ腹」な企画で注目されている。11月1日(2021年)から始めた、定期便利用者に対する現金5000円キャッシュバックキャンペーンを行っているのだ。往復すると、キャッシュバックは1万円になる。手続きも簡単。利用日当日に福島空港の専用カウンターで受領証に名前を書くだけだ。福島空港発着便はもちろん、乗り継ぎ利用でもキャッシュバックされるとあって、乗客からも好評だ。12月10日の「めざまし8」が紹介した。

   福島県庁空港交流課主幹の佐藤安弘氏は「新型コロナウイルスで利用が落ち込み、利用回復を図るのが目的。観光やお土産、食事に使っていただければ」と取材に答えた。

  • 福島空港サイトより
    福島空港サイトより
  • 福島空港サイトより

「全部、気前よく使ってくれるお客さんも」

   司会の谷原章介は「素晴らしい」と絶賛。「この前にお伝えした2回に分けて10万円を給付するという話と比べると余計そう思う。リアルキャッシュバックですよね、久しぶりに見た気がします。それに手続きの簡便さ。10万円給付も、来た人に証明書出してもらって10万円渡したほうがよっぽど簡単な気がする」とコメント。

   太っ腹企画のおかげで空港利用者も増えている。キャンペーン実施前の10月には1万1000人だった利用者数が、11月には1.4倍の1万5000人になった。空港の売店にも恩恵があった。利用客が増えただけでなく「キャッシュバックされた5000円を全部、気前よく使ってくれるお客さんもいる」(売店)という。

   谷原は「あ~、いいね。貯金に回るのじゃなく、使ってくれる。本当は国もこれがやりたいんですよね」と笑う。

   タレントでモデルの世良マリカは「5000円頂いたら、私もその場で、いいものを買ったりして使いますね」とコメントした。

   実は福島空港のほかにも同様のキャンペーンを実施する空港はある。茨城空港では到着便利用者にレンタカー48時間まで1000円で利用できるキャンペーンを、石川・のと里山空港では、3歳以上の未就学児に1万円キャッシュバックを行っている。

(バルバス)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中