2022年 5月 17日 (火)

真犯人フラグ「バタコ」はやっぱり香里奈だった! 戦慄の役柄に「凄みある」「めっちゃ似合う」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)第9話が、12月12日(2021年)に放送された。(ネタバレあり)

   中村充(前野朋哉さん)が警察に出向き、第1話で相良凌介(西島秀俊さん)あてに届いた身元不明の男の子の冷凍遺体を「行方不明になった息子かもしれなくて」として、確認したいと申し出る。

  • 日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより
    日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより
  • 日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより

瑞穂に「私も、そっちに行くからね」

   遺体を確認した充ははっとした表情をしたものの、警察に「違います」と答えた。その後誰かに電話をかけ、呼び出し音が鳴っている間「頼む...頼む...!」と、出てくれるよう懇願。相手が電話に出ると驚いた様子で「もしもし...」と口に出していた。

   凌介の勤務先・亀田運輸では、クレーマーの「バタコ」こと木幡由実から二宮瑞穂(芳根京子さん)に送られてきた「かがやきの土」から、「キンセンカ」という花が咲いた。瑞穂が花言葉を調べると、「悲嘆・失望・寂しさ・別れの悲しみ」。瑞穂は改めて、土に同封されていた「あなたが願いを強く念ずれば、奇跡が起きて花が咲き...その時、あなたの願いが叶うのです」と書かれた紙を見ながら、「課長のご家族が無事に戻ってきますように」と願って土をまいた時のことを思い出していた。

   その時バタコから電話がかかってきて、瑞穂が対応する。「午前中に時間指定した荷物、届かなかったんだけど」から始まり、瑞穂が「大変申し訳ございません」といつも通り謝罪したが、バタコは「はいはいいいから。出かけちゃったから、夜に変えて」といつになく柔らかい口調だ。

   瑞穂が拍子抜けしていると、「花は~?」と聞かれる。「あ~、それが、咲きまして」と答えた瑞穂に、バタコは

「ウソ!?ほんとに!?おめでとう!すごいわ。だってあなた、輝いてるもの。奇跡起こしたんだから、もっと自信持ちなさい」

とはしゃいだ様子。そして声のトーンを落とし「私も、そっちに行くからね」と告げ、瑞穂はぞっとしたようだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中