2022年 1月 26日 (水)

「カインズ」が「東急ハンズ」買収 一致した両社の思惑とは

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ホームセンター最大手「カインズ」は、生活雑貨の「東急ハンズ」を2022年3月末に買収し、傘下に吸収すると発表した。いずれ「東急ハンズ」の店舗名も消えるということで、北海道育ちの司会・加藤浩次は「(高校生のころ)行ってみたかったなあ、北海道にはなかったから。東京に来てすぐ行ったもの」と感慨深げだ。

  • 「東急ハンズ」公式サイトより
    「東急ハンズ」公式サイトより
  • 「東急ハンズ」公式サイトより

郊外ではホームセンターは飽和状態?

   東急ハンズは1976年に創業し、東京・渋谷や新宿など国内外に86店舗を展開しているが、インターネット通販の広がりやコロナ禍で来客が激減、21年3月期連結決算は2期連続の最終赤字で、この10月(2020年)には開業37年の池袋店も閉店した。木村成一社長は「店に来ていただけないと、なかなか営業利益につながっていかない」と無念そうに語っている。

   たしかに、東急ハンズの商品は、手に取って見たり試したりしないと良さがわからないものが多い。

   坂口孝則(経営コンサルタント)「東急ハンズはニトリなどの都市部進出で競争が激しくなり、一方、郊外でホームセンターは飽和気味になっていて、カインズは新しい一手が欲しかった。両社の思惑が一致したんですね。僕も地方出身なので、加藤さんと同じで、東急ハンズの名称が消えるのはさみしいです」

   カインズの一角に東急ハンズの商品が並ぶようになるのだろうか。それもいいか。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中