2022年 7月 7日 (木)

「羽生結弦8位スタート」の報じ方 安住アナが日刊スポーツを紹介したワケ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   9日(2022年2月)の「THE TIME,」冒頭、司会の安住紳一郎アナが手にしていたのは日刊スポーツ朝刊。「今朝のスポーツ新聞。さすが絶対王者ですね。8位スタートとは言え、やはり大きく取り上げられました」と、きのう行われた北京五輪フィギュアスケート男子シングル、ショートプログラムでの羽生結弦選手の写真が大きく掲載された1面を見せた。

   安住アナは新聞の1面を抜いてその裏をカメラに向けた。するとそれは縦1面の羽生選手の写真になっていた。安住アナは「羽生選手のスタート前の横顔。大きなポスターになるということです」と説明した。

  • 羽生結弦選手(2018年撮影)
    羽生結弦選手(2018年撮影)
  • 羽生結弦選手(2018年撮影)

「穴にはまってしまった」

   安住アナ「日刊スポーツ1部150円、月ぎめ3353円。お申込みの際は、『THE TIME,の安住に紹介された』と販売店にお申し付けください。すると、販売店の方が『あ、そうですか』とおっしゃいます」

   宇賀神メグアナ「日刊スポーツのみなさん、大変お喜びだとおもいます」

   安住アナ「そお?嬉しいわー」

   きのう行われた男子ショートプログラム。94年ぶりとなるオリンピック3連覇を目指す羽生選手は、最初のジャンプで予定していた4回転サルコーが1回転になってしまうアクシデントに見舞われ、8位に。波乱のスタートとなった。

   競技後、スケートリンク上にあった穴にはまってしまったと明かした羽生選手。「しょうがないなって感じです。自分の中でミスは無かったなって思っているので...。正直、1番自分がふわふわしています」と落胆した様子。大きくため息をつくと、「僕、なんか悪いことしたんすかね」と苦笑いした。

   一方、鍵山優真選手は日本勢トップの2位に。宇野昌磨選手は3位につけた。

   羽生選手はあしたのフリーで前人未到の4回転アクセルジャンプに挑戦し、巻き返しを狙う。インタビューでは、「コンディションはかなりいいなと思っていますし、氷の相性もすごくいいと自分では思っているので、しっかり練習して決めていきたいです」と自信も見せていた。

(ピノコ)

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中