2022年 5月 23日 (月)

ワリエワは「痛々しかった」(羽鳥慎一) 長嶋一茂は「見ていられなかった」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   司会の羽鳥慎一は「痛々しかった」、長嶋一茂(スポーツキャスター)は「見ていられなかった」、玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)は「ただただ彼女がかわいそうだった」と、けさ18日(2022年2月)の「モーニングショー」は、カミラ・ワリエワ選手(ROC)を気遣うおじさんたちのコメントがあふれた。

  • 長嶋一茂さん
    長嶋一茂さん
  • 長嶋一茂さん

コーチからの叱責の内容

   きのう17日に行われた北京オリンピック・フィギュアスケート女子フリーで、金メダルを確実視されていたワリエワはまさかの相次ぐ転倒で4位に終わった。中継放送の解説者も「ここまでミスするワリエワを見たことない」とため息をつく。

   ドーピング問題で世界中から疑惑の目を向けられている中で、まだ15歳の少女が出場すること自体が異様だった。不本意な演技に心が傷つき、手で顔を覆い、涙が止まらない。ショックでいまにも崩れ落ちそうだ。そんなワリエワをコーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏は激しく叱責していた。

「どうしてすべてを諦めたの。どうして戦いをやめてしまったの。説明して! トリプルアクセルのあと、諦めてしまったのはなぜ? 理解できない!」

   目を吊り上げて非難しつづけ、ワリエワは声も出せない。キス・アンド・クライのときも慰めているように見えたが、そうではなかったのかもしれない。

   女子フィギュアは金メダルがアンナ・シェルバコワ選手、銀ダルはアレクサンドラ・トゥルソワ選手といずれもROCの選手で、トゥトベリーゼ・コーチが付いている。ここにワリエワも加わって、金銀銅のメダル独占を目論んだがうまくいかず、その怒りをワリエワにぶつけたようにも見えた。

   ツイッターでは「ツラすぎて見ていられない」「ワリエワの今後が心配です」という書き込みが続いている。トゥトベリーゼ・コーチにとって、選手は自分の作品か何かなのだろうか。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中