2022年 5月 24日 (火)

菊池桃子が「11万円ラーメン」食レポ 物ボケ披露して勝ち取ったお味は?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   思わず「なんなん?」と突っ込みたくなるクセのある人々の人生を覗き見するドキュメント番組「ノブナカなんなん?」(テレビ朝日系)。2時間スペシャルの今回(2月23日、2022年)は、驚きのグルメが特集されました。

   リポーターを務めたのは、番組いわく「最強のアイドル」の菊池桃子さん。

   誰も食べたことがない幻のラーメンとして紹介されたのが、赤坂にある「松阪牛ラーメン・一人しゃぶしゃぶ 松虎」です。

   その名の通り、松阪牛のしゃぶしゃぶからラーメンまで楽しめるお店。松阪牛のしゃぶしゃぶで使用するカツオの一番だしベースの黄金スープを用いたラーメン「料亭のだしらーめん」500円が人気メニューです。

  • どんな味なのか…(写真はイメージ)
    どんな味なのか…(写真はイメージ)
  • どんな味なのか…(写真はイメージ)

「こちら頼む方はいるんですか?」

   同店で幻のラーメンと言われているのが「開運・必勝金箔山王ラーメン」11万円。

   「11万円! はあ!? これ家族では来れないですよね? こちら頼む方はいるんですか?」と桃子さんの声が裏返ってしまうほどのお値段です。

   メニューに乗せておよそ半年、まだ頼んだ方はいないそう。

   値段も値段ということで、番組から桃子さんに提店主を笑わせたらオーダーOKという提案がなされ、桃子さんが快諾しました。

「き...麒麟です」

   「あははは。面白い」とスタジオの大の桃子ファンの千秋さんには受けましたが、店主は無言でバツマーク。

「アイーン」

   こちらも店主、無言でバツマーク。

「ダブルアイーン」

   店主無言...。

   そこで桃子さんが編み出したのが、肘掛けを使った物ボケ「金メダル」(肘掛けを重量挙げのように挙げていました)。

「金メダル、可愛いですね」

と店主が笑顔になり、11万円のラーメンを試食することに成功しました。

   初めての披露となった「開運・必勝金箔山王ラーメン」は、特製極太麺の上に年間の流通量わずか10頭と言われる「往にし方の大石牛」のサーロイン1枚6000円相当を16枚、その上に2万円分の金粉を振りかけるという豪華なもの。最後に上からアツアツのダシをかけて完成です。

   「なんか、間違った食べ方してそう...。でも美味しい、このお肉!麺もモッチモチで、特別に美味しいことが分かります」と、桃子さんも絶賛のお味でした。

   庶民感覚では「11万円あれば温泉旅行もできそう、肉は別で食べたい!」と思ってしまいますが、次にこの高級ラーメンをどんな方が頼むのか、そんな人は現れるのかが気になります。

(SaMi)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中