2022年 5月 17日 (火)

ライカの真実に向き合う聖 菅田将暉の「瞳」の演技に感じた力 【ミステリと言う勿れ】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大人気コミックを映像化した、新感覚ミステリードラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)。3月14日(2022年)に放送された第10話は、主人公の久能整(菅田将暉)と謎の女性ライカ(門脇麦)の、苦しく切ない中にも希望が見える展開でした。(ネタバレあり)

   大晦日の深夜、一緒に初詣に出かけた整とライカ。神社で手を合わせ、おみくじを引き、屋台のたこ焼きをほおばる2人は、幸せなカップルのように見えます。ライカの提案で最後に立ち寄った焼肉屋で、2人は強盗殺人事件を見事に解決しますが、ここでライカはすべての秘密を打ち明けたのでした。

  • フジテレビの「ミステリと言う勿れ」番組サイトより
    フジテレビの「ミステリと言う勿れ」番組サイトより
  • フジテレビの「ミステリと言う勿れ」番組サイトより

次回は犬堂我呂(永山瑛太)が再登場

   ライカは整に千夜子という妹がいると話していましたが、それは事実ではありませんでした。千夜子は解離性同一障害という病気であり、ライカは千夜子の中にいる別人格のひとり。父親からの激しい虐待を受けていた千夜子は、耐えきれずに自分の中に逃げ込み、別の人格を生み出したたといいます。「私は、千夜子の痛みを引き受けるために生まれてきた」と話すライカですが、整と過ごすうちに「楽しい」「嬉しい」という感情を知り、再会を待ち望むようになっていきました。

   春になったら里親の元で暮らす千夜子のために、千夜子の中で永遠の眠りにつくことを決心したと告げるライカ。ライカと同じように「楽しい」「嬉しい」と感情を抱いていた整にとって、彼女との別れは受け入れ難いほど辛いはずです。でもライカのたったひとつの願いは、千夜子が幸せになること。「すごく残念ですけど、ライカさんの願いが叶うなら、僕はそれでいいです」とまっすぐに受け止めたま整の瞳には、これまでになかった強さと優しさが宿っていました

   別れの時。整はマフラーを外し、胸の大きな傷をライカに見せました。涙を浮かべながら「この傷は、ライカさんの傷と同じ痛みです」と言う整に、「整くんの痛みも、代わってあげられたらよかったな」と答えるライカ。「君と友達になれて、初めて少しだけ生まれてきて良かったと思った。最後に一緒に焼肉が食べられてうれしかった。じゃあ、元気でな」と去っていったライカの背中に、整は「さようなら、ライカさん」と呟いたのでした。

   春が訪れ、満開の桜を眺める整。「今年は初めて、誰かと一緒に桜を見たいと思いました。その美しさについて、誰かと語り合いたいって、そのことに自分でも驚いているんです」という整の脳裏には、ライカと過ごした思い出が浮かんでいたことでしょう。切なく苦しい別れですが、ライカを通して感情を知った整は、ひとつ成長できたのかもしれません。

   まだまだこのドラマの世界に浸っていたいところですが、最終回までもう少し。次回の第11話では第2、3話に登場した犬堂我呂(永山瑛太)が再登場。これまでの伏線がどう回収されるのか、最後まで見逃せません。

(Hibunny)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中