2022年 5月 23日 (月)

森山みなみアナが「就任」あいさつ 石原良純が「言えないよ、なかなか」と驚いたワケ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   4日(2022年4月)の「モーニングショー」に、3代目アシスタントに就任した森山みなみアナが登場。番組冒頭、司会の羽鳥慎一から紹介されると、カメラに向かってにこやかに、そしてすらすらと自己紹介を交えたあいさつをした。

   この直後、羽鳥が「見習いましょう、みなさん。このフレッシュさを見習いましょう」とコメンテーター陣に向かって声を掛けると、気象予報士でタレントの石原良純は「ちゃんとしてる!カンペなしで言ってますからね。あんな長いセリフ言えないよ、なかなか」と感心した様子。

  • 番組サイトより
    番組サイトより
  • 番組サイトより

羽鳥慎一「3時半起床にこれだけ前向きな人がいるんですね」

   続いて羽鳥は、「入社2年目ですって。玉川さんは退社何年前ですか?」と玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)に質問。玉川が「1年前です。本当にね、あと1年くらいなんです」とマジメな顔で答えるとスタジオが一瞬静かに...。石原が「いきなり寂しい話になっちゃったじゃないの、もう!」と明るい調子でとりなし、笑い声を取り戻した。

   起床時間を聞かれた森山アナは「『グッドモーニング』を担当していた時には(午前)1時半に起きていたんですけど、きょうは3時半に起きられたので、2時間も長く寝られました」とニコニコ。羽鳥は「3時半起床にこれだけ前向きな人がいるんですね」と驚いていた。

   こんな感じで始まった番組が、トップで伝えたのは、ウクライナ避難民の日本受け入れについて。羽鳥は「政府が、日本行きを希望するウクライナからの避難民20人程度を政府専用機に乗せる調整を進めていることが分かりました」と伝えた。

   山口真由(弁護士、元財務官僚)は、この支援策に対し「政治的なパフォーマンスのにおいも感じる」との見方。

   「日本も難民に対して協力すると言うならば、2桁、3桁違う人数の難民に向き合うか、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)への拠出金をもっと桁違いに増やすか。そういう規模の違う話をしなくてはいけない。アフガニスタンでは日本人の協力者がまだビザ発券を待っている状況なのに、政治的に結構人気のある課題を選んですごくわずかな難民を受け入れて帰ってくるという象徴的なものには、私は冷めた視線を送ってしまいます」と指摘した。

   玉川は「ウクライナから知り合いもなく日本に来てどうやって生活するんだという話もありますが、難民として『日本に来たい』という人はなるべく受け入れたいな、と。一方で、数的には全然桁が違うわけで、そんな中、日本に何ができるのか。難民を受け入れている国は財政的に厳しいわけですから、『また金か』と言われる部分もあるかもしれないが、日本は財政的な支援をきっちりしていかないとと思います」と意見を述べた。

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中