2022年 7月 4日 (月)

爆問・太田に「はい、おもんない!」 Aマッソ加納が軽くあしらう

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「まさかのルールはなぜできた!?作画プレゼン! 刺さルール」が4月(2022年)から、「爆問×伯山の刺さルール!」(テレビ朝日系)にリニューアル。爆笑問題と神田伯山のほかは、ニューヨーク嶋佐和也、ヒコロヒー、霜降り明星せいやがレギュラーパネラーとして参加。ほかにゲストも。

  • 太田光さん(2020年撮影)
    太田光さん(2020年撮影)
  • 太田光さん(2020年撮影)

ローテンションで...

   この日(4月20日未明)のゲストはAマッソの加納。そんな加納に対し「Bマッソは?」とボケた太田だが、加納から返って来た答えが、まさかの「はい、おもんない!」。大先輩の太田をローテンションで軽くあしらう加納。このパターンは予想していなかったようで太田も苦笑い。

   さらに。回答ボタンを押しても押してもなかなか回答権が得られない太田をからかうような加納に対して、「加納典明の娘だから」とボケをかます太田に、2度目の「はい、おもんない!」を。太田vs加納は、誰がどうみても加納の勝ち。あの太田に天敵が現れた! 太田の暴走を止められるのは加納しかいない!?

   それはよしとしても、このメンバーを集めて、「ラヴィット!」のボケ大喜利のようなことをしても、面白いですか、って話。

   この日はお休みだったが、神田伯山にジャッジをさせるのもどうかと思う。伯山のムダ遣い。これなら、昔やっていた太田と伯山がガッツリとトークで絡む「太田伯山~」のほうがよっぽど面白かった。Aマッソ加納じゃないけど、「はい、おもんない!」。

   伯山が休みなのも、実は番組が『おもんない』からではないか、と睨んでいる。

(子守熊)

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中